カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、5

2016-10-31 02:51:46 | 日本キリスト教史
アロイジオ・デルコル神父『十六のかんむり 長崎十六殉教者』、5

 いちおう、おもてむきは、マカオに行くということにしていますが、かれも、宣教師も日本に向けて出発したのです。

 荒波にもまれ、もまれ、一か月もの船旅ののち、いのちからがらたどりついたのは、日本国のアクセキ(悪石)という小さな島です。トカラ群島のなかの島で、最近になって、鹿児島県に合併されました。



 せっかくたどりついても、すぐつかまってしまう恐れがあります。当時の政府がいちばんねらっていたのは、宣教師だったのですから。

 それで宣教師は、スペイン商人の服を着用して、なるべくかくれ場から出ないようにしていました。

*******

 九州の町や村々に、高札がいくつもかかげられ、みんなが集まって読みはじめました。

 邪教徒を知らせたものには、ほうびとして、大きな金額がやくそくされていました。邪教とは、キリスト教のこと、バテレンは、司祭、ヒルマノは、修道士のことをさします。ころびキリシタンとは一度は、迫害にたえきれないで信仰をすてたものの、改心して、ふたたび信仰を宣言するようになった信者、キリシタンとは、一般キリスト信者のことをいいます。

「もしかしたら?」と、欲ぶかそうな、目のにごった男がつぶやきました

「去年海からやってきたあの男たちが、もしかしたら、キリシタンじゃなかろうか?どうもからだつきが島のものとちがって堂々としている。それにあの高い鼻、威厳ある顔つきが……どうもあやしいぞ。やあ、おれさまにも、金の神がおいでなさった。よし、この機会にうんともうけてやろう!」

 高札のそばから、かれは、長崎の奉行所めざして、いちもくさんにボートを走らせました。もし、だれかに先をこされては、せっかくの金もうけをだいなしにすると思って。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アロイジオ・デルコル神父『... | トップ | アロイジオ・デルコル神父『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本キリスト教史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。