カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

『ばらの聖女 ヴィテルボの聖ローザ』企画:デルコル神父、文:江藤きみえ 7

2017-05-16 06:27:08 | ヴィテルボの聖ローザ
『ばらの聖女 ヴィテルボの聖ローザ』企画:デルコル神父、文:江藤きみえ 7

 今が、マリアさまのおっしゃった時だと心に悟ったローザは、十字架を手に家を出るとき、いいました、

「おかあさん、わたしは説教しに行きます。そして、みんなをイエズスさまの所に連れていきます」

 まもなくローザの声か道にひびきわたりました、

「さあみんな来てちょうだい。十字架に釘づけられるほど、わたしたちを愛してくださったイエズスさまのことを話してあげます」

 道ゆく人々が足をとめました、

「あの子は、聖女ですよ。また何か新しい奇跡をするのかもしれません」といって集まってくる人々、「ちびのくせに、いい気なもんだ。ひとつ、からかってやろうか」と寄ってくる異端者、悪い信者、みんながローザのあとからついて行きます。

 でも、一度ローザが話しはじめると、感激のあまり泣きだす人々!もうからかうどころではありません、神に心が触れたからです。それから2年間以上、ローザは道々を説教して歩きました。

 でも、皇帝の保護を受けて、いばっている異端者は、改心しません。「ふん、イエズスの教えだと、そんなことがあるものか。教会がなんだ、教皇がなんだ……」といった具合に、認めるかわりに、悪口の洪水で人々をおぼれさせます。それにしても、邪魔なローザを説き伏せねばなりません。

 呼ばれて行ったローザは、勇気にあふれ、巧みな謬説をうち破り、何ものも恐れず真理をときました。たかが無学な女の子とあなどっていたのに、異端者たちは、ローザを黙らせることができません。それどころか、奇跡のあかしさえ与えられ、ローザの前でたくさんの人々が改心しました。自分のあやまちを認め、正しい信仰にたち返る異端者も少なくありません。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不平不満の効果   聖ヨハネ... | トップ | 聖パスカリス・バイロン司祭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。