カトリック情報 Catholics in Japan

聖人伝、教会史、格言、みことばなどを掲載します。フェイスブックのカトリックグループにも投稿しています。

このブログについて

2029-05-13 03:21:18 | その他

 管理人、及びこのブログについて、情報を書かせて頂きます。

 私は東京大司教区内のあるカトリック教会に通っています。要するに、一介のカトリック信者です。そして、フェイスブックのカトリックグループに幸か不幸か、毎日、欠かさず投稿をしています。どの投稿をしているかは、秘密にさせて下さい(笑)

 ところで、このFBグループは、とても優良でクオリティの高い投稿がとても多いです。それらのうち、(僭越ながら)私の投稿と、投稿者の許可を頂けた定期投稿(勿論、まったく個人情報は含まないもの。聖人伝、教会史等)を過去ログ的な感じで掲載させて頂こうと思います。

 ただし、FBグループへの投稿とこちらと両方維持するのは時間的にも労力的にも負担ですから、交流の場である前者を最優先し、こちらへの掲載はタイムリーにではなく、相当過去ログ的な形になると思います。現状は、半年から一年前に投稿したか、投稿され許可を貰えたものを少しずつ載せている感じになっています。こうしたジャンルにご興味のある方は、FBのグループの方にお越し頂くことをお勧め致します。こちらに掲載されているような、少なくとも3ー4件分、多い時ですと7-8件分の記事が毎日欠かさず連載されています。

 また、このブログをご覧になる際は、普通にスクロールされるより、「カテゴリー」を多用されることをお勧めします。記事がジャンルごとに分類されていますので、より見やすいのではないかと思います。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

地獄について この無視された真理   ◆3、ファティマの聖母の祈り

2017-04-26 14:42:10 | 天国・地獄
『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、23

◆3、ファティマの聖母の祈り

 ファティマで聖母は、三人の牧童に次の祈りを教えた。

「ああイエズスよ、我らの罪を赦し給え、我らを地獄の火より護り給え。また、すべての霊魂、ことに主の御憐れみを最も必要とする霊魂を天国に導き給え。アーメン。」

 三人の子どもたちは、何回もこの祈りをくりかえし、罪人の改心のためにたくさんの犠牲をささげた。

 ロザリオの祈りをとなえるときに、各連ごとにファティマの聖母のこの祈りをくわえるよい習慣がすすめられている。

 しかし、最近、ある聖職者は、この祈りのことばを変えたり、それにもまして聖母のこの祈り自体をとなえることを禁じたりしたことがある。「地獄の火から」のかわりに、もっとばくぜんな表現「滅びから」とした。

 まさか、「地獄の話をするなんて、マリアが時代おくれのことをおっしゃった」というだろうか?かれらにとって、地獄などということばでさえも、さけるべきタブーだということになるだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試練の場合  聖フランシスコ・ザビエル

2017-04-26 14:34:28 | 格言・みことば
試練の場合、神の御言葉の真の意味を理解できるのは、学識の深さによるものではなく、主なる神が無限のご慈悲をあたえてくださる人だけが、具体的な事柄のなかで、神がお望みになっていることを理解するにいたるものです。このような場合に私たちの肉体がどれほど弱く、病気にかかっているのも同然だと知るにいたるのです。

聖フランシスコ・ザビエル  書簡第55-5 (A):1546年5月10日(アンボン)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖グリニヨン・ド・モンフォール  英知修道女会創立者

2017-04-26 14:28:35 | 聖人伝
聖グリニヨン・ド・モンフォール  英知修道女会創立者    記念日 4月26日

 

 「私はよい牧者で、よい牧者は羊のために命をあたえる。」(ヨハネ 10-11) 聖グリニヨンの生涯はこの福音の生き写しであった。「よい牧者」として人々の為に絶え間なく祈り、勉強し。一般の冷遇を忍耐しながら、典礼をもって、人々の信仰の熱をあおった。また、御聖体、十字架、聖母に特別の信心をつくし説教、賛美歌、著書などでこれらの信心を広めた。

聖グリニヨン・ド・モンフォールは、1673年、フランス北西部ブルターニュのモンフォール町に生まれた。敬虔な特の高い両親に育てられ、のち土地のイエズス会の学校に学んだ。品行、学業共に優秀だったので、学期末ごとに表彰された。
 哲学を終了してパリのサン・スピルス神学校に入学したが、そのすぐれた徳行はたちまち学生の模範となった。司祭に叙階されると、彼は海外布教を志望し、カナダへ出発しようとした。その時の教皇クレメンス11世の勧めに従い、ヤンセニストの異端すなわち、キリストは全人類の為に死ななかったとか、人間は神のおきてを全部果たすために十分な恩恵を与えられていないし、内的恩恵に抵抗することもできないとか主張する誤った説を反駁しながら、フランス西部地方のいなかを巡回布教した。

 「私はよい牧者で、わたしの羊を知っている」と聖書にあるとおり、グリニヨンは受け持ちの信者の気質、傾き、志望、困難、誘惑などを知り、これを導き、助け、慰め、励ましていた。黙想会などの時、一人でもこれに参加しない信者があれば、さっそく自分でその家をたずね、説得してこれを教会に連れ帰ってきた。
 グリニヨンは好んで人生の目的、罪、死、審判、天国、地獄などの大真理をはじめ、信心生活の根源である御聖体、十字架、聖母に対する信心について語った。頻繁な御聖体拝領は霊的ぜいたくだという厳格なヤンセニストに対して、彼はしばしばの御聖体拝領をすすめ、御聖体に親しみ、これを崇敬するため数多くの賛美歌をつくった。その一つに「ああ、わが心は御身をあえぎ望む、主よ、いずれのときにか、われに臨み給う。御身いまさずしては、わが心はさびしさにたえず。来たり給え、わが最愛なる魂の浄配よ」とある。

 グリニヨンは十字架を愛して、いつも胸にかけ、各家庭にもこれを飾るようにすすめていた。黙想会が終わると、その記念として野外の丘や人通りの多い街角に十字架を立てさせた「悩める者よ、汝の避難所はここにあり。もろびとよ来たれかし、来たりて神のつきざる宝をここに得よ。とこしえにイエズスに栄えあれ。またその十字架に誉れあれ」とはグリニヨンのつくった十字架称讃の一節である。
 また聖母をあつく信心したグリニヨンは、ロザリオの祈りを奨励し、イエズスに至るには聖母を経て行くのが一番近道であることを教えた。「イエズスの怒りをなだめるためには聖母の御取り次ぎにすがるのが最もよい。聖母のたもとに隠れて『見よ、汝の母を』と叫べば、イエズスの御怒りはすぐにもなごむ」と彼は歌っている。

 そのうえグリニヨンは「聖母マリアに対する真の信心」「聖母の秘密」などの名著を著して聖母の信心を広めた。しかしこのような布教は当時としては革新的であったため、すぐにこれを聖会の精神にもとる運動であるかのように非難した者がいた。のみならずかれを聖務執行禁止の懲戒処分に付した教区もあったくらいである。
 こうした人々の讒言、脅迫などにくじけず、かえった彼は「み名のためにはずかしめられるのに足者とされたことを喜びつつ」(使徒行録 5-41)布教に専念した。

 また彼は自分の事実を永続させるために宣教を目的としたマリア宣教会と貧困救済を目指す英知の童貞会を創立し、1716年、43歳の働き盛りで帰天した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地獄について この無視された真理   ◆2、地獄の回想

2017-04-25 10:40:09 | 天国・地獄
『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、22

◆2、地獄の回想

「現代の危機を告げるファティマの聖母の啓示」ルチア修女の手記、カバッソ・志村共訳編、ドン・ボスコ社発行、94-98ページから。

 数日の後、わたしたちが牧場へ行った時、ヤチンタは岩の上に座って深く考え込んでいました。

「ヤチンタ、遊びに来てちょうだい」とわたしは言いました。

「遊びたくない」「なぜ?」「なぜって、わたしは考えることがあるのよ。貴婦人は、わたしたちにロザリオを唱えることと、罪人の改心のために犠牲をすることを願われたのよ。わたしたちは、これからロザリオを唱える時、天使祝詞と主の祈りを全部唱えなければならないのね。そして、どんな方法で、犠牲をしたらよいでしょう?」フランシスコは、

「わたしたちの弁当を羊にあげよう。そうすれば、空腹の犠牲を神に献げることが出来るから」と言って、弁当をみな羊にあげてしまいました。

 それで、その日、わたしたちは厳しい断食を守りました。ヤチンタは深い黙想をしながら、岩の上にまだ座って、こう尋ねました。

「貴婦人は、多くの霊魂が地獄へ落ちるとおっしゃったけれど、地獄とはどんな所かしら?」

「たくさんの野獣が住む深い大きな井戸のようですがその中に火の海があり、罪を犯して後悔しない人は、その中に陥ちます。陥ちた罪人は、いつまでもその中で燃えています」

 この記述は、教理を教えてくれた母から聞いたものです。

「外へ出ることは出来ないの?」

「いつまでも出来ません」

「長い長い年月のあとでも出られない?」

「ええ、出られません、地獄は終わりがないから」

「天国も終わりがない?」

「ええ、天国へ行く人は、いつまでもそこにいるでしょう」

「でも地獄に入った人は、もう出られない?」

「天国と地獄は、永遠のものですから、終わりがありません」

 わたしたちは、その時、初めて地獄と永遠について黙想しました。ヤチンタは永遠の考えにもっとも心を奪われたので、度々遊んでいる間に、それをやめてこう尋ねました。

「でも地獄に入った人は、もう出られない?」

「天国と地獄は、永遠のものですから、終わりがありません」

 わたしたちは、その時、初めて地獄と永遠について黙想しました。ヤチンタは永遠の考えにもっとも心を奪われたので、度々遊んでいる間に、それをやめてこう尋ね返した。

「ちょっと聞いて下さい。地獄は長い長い年月の後にも終わりがないの?そして地獄に行く人は、死にませんか、かれらをその所から救い出せませんか?もし人々がかれらのためにたくさんの犠牲をするなら、同じようにかれらは地獄から出られませんか? かわいそうな罪人。わたしたち! その人たちのために祈らなければならないし、たくさんの犠牲をしなければなりません」。

 それから統いてこう言いました。

「あの貴婦人は、なんとよいお方でしょう。わたしたちを天国へ連れてゆくと約束をなさいました」

 地獄の出現は、フランシスコの心を非常に強く打ったので、わたしたち三人の中でかれにより大きな影響を与えたように見えました。かれにもっとも印象を与えたのは、わたしたちの心に入りこんだ光の中で感じた神の三位一体と、主イエズスの現存でした。かれは後でこう言いいました。

「わたしたちは、あの光の中にいたけれど、神がそこにいらっしゃったので、わたしたちは燃えなかった。わたしたちは本当に言葉でそれを言い表わすことが出来ないけれど、主がそんなに悲しんでおられるのは、何とかわいそうなことだろう。わたしは、主イエズスを慰めることが出来れば、どんな犠牲をも献げたい」

 ある日、わたしたちは牧場のペドレイダへ行った時、羊を放牧してから、岩から岩へ飛んで、深い谷底で、声のやまびこをしました。フランシスコは、いつものように岩の中の穴にかくれました。長い時間経ってから、わたしたちはわたしたちとマリア様を呼ぶかれの叫び声をききました。かれに、何かが起こったと思い、わたしたち二人は、その名を呼びながら悲しんでかれを探しに走ってゆきました。

「どこにいるの?」と呼ぶと、

「ここに、ここに」と答えました。

 けれどかれを見つけるまで、かなりの時間がかかりました。やっと見つけた時、かれは恐れのために震えて、立ち上がることさえ出来ませんでした。

「何が起こりましたか」

 かれは恐れで窒息しそうな声をして、

「わたしたちが地獄で見た一匹の恐ろしい野獣がここにいたんだ。ここで火の炎を口から吹き出した」と答えました。

 わたしとヤチンタは、何も見ませんでしたから、笑いながら、

「あなたは前には地獄のことを考えたくないので、少しも恐れなかったのに、今、わたしたちの中で、あなたが地獄を一番こわがっています」と言いました。

 しかしヤチンタは、地獄の恐ろしさを思い出し、特別に感動してこう言いました。

「地獄のことをあまり考えないで。それより主イエズスと、聖母のことを考えましょう。わたしも地獄のことを考えないから恐れていません、とあなたは前まで言っていたのに」

 その時のフランシスコは、恐れ以外に何もありませんでした。フランシスコは夜でも、ためらわずに暗闇の中を、どこへでも行ったり、とかげと遊んだり、蛇に逢ったら杖のまわりに上がるようにしたり、また蛇に飲ませるために羊の乳をしぼったり、狐や山兎の洞穴を探したりして、全然、恐れない子供でした。それなのに、その日は非常な恐怖におそわれていました。

注:死、審判、天国、地獄をあわせて四終といい、しばしばこれについて考えることは救いのために大切な教えである。罪人が地獄に陥ちないように祈るのは、神のみ旨を行う愛の行いである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加