コキュートスの記憶

日々の出来事とか戦果(買い物)とか。
主にガンダムを中心にしています。

ガンダム00セカンドシーズン#10

2008年12月07日 | 00
セカンドシーズン10話目で御座います。

<#10 天の光>
14年前。ユニオン領国際大学-。
談笑するクジョウとカタギリ。
マネキンは、戦術予報の功績が認められ、既にAEUから佐官待遇で
スカウトが来ているようで、クジョウの目標ともなっておりました。
また、カタギリはクジョウが卒業するので、寂しくなると漏らします。
この時、カタギリ22歳、クジョウが17歳だと思われます。
そこへマネキンが現れ、次に会う時は敵同士じゃないと良いわね、と…。

スイールの国境線で待機するスミルノフの部隊-。
中東再編に際し、中東でも随一の軍事力を持つスイールを牽制します。
また、アロウズの派遣も決まっているようです。
スイールは中東でも早くから情報産業で国力を付けた国だそうです。
また、情報とレアメタルによる資金で、中東随一の武力も備えます。

カタロンでもスイール周辺に展開する連邦軍の情報を掴んでいて、
スイール自体も連邦と抗戦するのではないかと睨んでおります。
カタロンとしても支援をしたいのですが、軍備では焼け石に水。
それならば、連邦による中東への悪政をカタロンの情報網で、
世界に流せば、世論の反対によって連邦の進軍もあるいは…。
そんなワケで、池田がスイールとの橋渡し役になります。
ちうか、池田さんってJNNを辞めて、カタロンにいたんですね。

アロウズ-。
リントは別件があるため、カティがガンダムの追撃作戦を担当。
やはり、CBとクジョウの関係が気になっている様子です…。
そこへ、コーラサワーがKYな感じで食事を運んで来たり。
リヴァイブはヴェーダを介して?ブリングの出撃を知ります。

トレミー2-。
そのブリングが新型機を伴って、トレミーへ攻撃を仕掛けます。
艦内のピーリスも感応によって敵機の接近を知ります。
新型機は脚部に航行用のブースターを装着していたりします。
で、ダブルオーが迎撃に出るのですが、まったく手が出ません。
また、敵機は防御面ではGNフィールド発生器を備えていて、
攻撃面ではビームクロウ?などを備える接近戦用にも見えました。
ケルディムや、艦砲によって敵機は呆気なく撤退いたします。
艦内のティエリアは敵機がイノベイターである事に気付きますが、
それをスメラギたちに伝えずにいる自分に戸惑いを見せます。

ややあって、トレミー2はラグランジュ3の基地に到着します。
トレミーのクルーはイアンの奥さんが若い事に驚きます(笑
また、傍らには王留美がスカウトしたとされる女性の姿も。
名前はアニュー=リターナーと言い、宇宙物理学、MS工学、
再生治療の権威で、操船技術や料理に長け、おまけに美人。
最後の「美人」はイアンさんの個人的な意見によります。
あと、イノベイターちっくでもあったりなかったり??
前後して、ダブルオーとオーライザーの起動試験が始まります。
また、アリオスの支援機GN(ガン)アーチャーも初お披露目です。

カタロン-。
池田さんの尽力で、スイールはカタロンとの会談を承諾し、
支部長がスイール国王との面会に赴きます。

アロウズ-。
先ほどトレミー2を急襲した新型機がランデブー完了。
そのパイロットであるブリングもアロウズに配属されます。

リントが動いていた別件というのが、「メメントモリ」と呼ばれる
衛星軌道からの砲撃兵器で御座います。
建造はイノベイターが関わってますが、王留美の多大な助力があったとか。

また、ネーナはヴェーダとリンクし、何かを探っている感じでしたが、
サーシェスと鉢合わせし、兄たちの仇を討とうとするのですが、
格闘戦でサーシェスに敵う筈もなく、抑え込まれてしまいます…。
サーシェスの方もリボンズの命令で何かしらを探っている様子でした。

ややあって、「メメントモリ」が中東スイールに照準されます。
グッドマン准将の号令で、スイールに向けて火砲が照射されます…。

戻ってCB-。
起動試験の結果、ダブルオーは理論値を遙かに越えるGN粒子量を獲得。
また、ダブルオーの多量のGN粒子の産物かどうかは判りませんが、
マリーは「メメントモリ」の影響がセルゲイに迫る事を予見いたします。
さらに、アレルヤとティエリアにも何らかの影響を与え、
アレルヤは失ったハレルヤとしての人格が甦ります…。

■新キャラ
・池田(cv.四宮豪)
・アニュー=リターナー(cv.白石涼子)
・ブリング=スタビティ(cv.置鮎龍太郎)
カタロンにいた子供(cv.高山みなみ)にも名前があるみたいです。
ダビットだか、ダビッドって名前のようです。後々書籍に載るかな??
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦果報告12.6 | トップ | まかでみ・WAっしょい!#7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
機動戦士ガンダム002ndseason#10『天の光』 (ゼノタ@Z・3のブログ)
副題は中東に向けて放たれたカイラスギリー砲みたいなの、からですね。いよいよ本当の意味でアロウズがティターンズ化してしまいました。はっきり言ってイノベイターが前面に出るとこのガンダムは面白くないです個人的に。しかもハレルヤ復活。いや、そもそもアレルヤの2...
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第10話『天の光』の感想レビュー (gurimoeの内輪ネタ日記(準備中))
『メメントモリを?・・・そうですか、リボンズはついに・・・。』 破壊の光が地上を焦がす! オーライザーを得たダブルオーから放たれる光は、世界の歪みを照らし出せるのでしょうか? 『スイールの国境線に連邦軍が部隊を駐留させた。スイールに対する牽制と見て良いだ...
ワイはガンダムや!プロゴルファー00や! 第10話 (【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 いやですね、本当はオートマトンの事とか00弱っちいですとかそういうネタを予定していたんですが、数日前の朝目覚める直前に見た夢が凄...
キム司令・池田特派員・ハレルヤ・・・ガンダム00 2nd 第10話「天の光」 (ゆぐどらしる えくすぷれす)
来春4月からなのに、いくらなんでもハガレ
(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO 2ND SEASON 第10話 「天の光」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]クチコミを見る 連邦の強引な再生計画に反対する中東諸国の中でも最大の国力を持つスイール王国。スイールの蜂起とそれによる中東諸国の追随を懸念する連邦は、スイールへのアロウズ派遣を決定、正規軍のセルゲイに、スイ...
機動戦士ガンダムOO第10話「天の光」 (アニメのストーリーと感想)
 アロウズ首脳が参加したパーティから脱出した刹那とティエリア。その前にイノベーターと結託したサーシェスが、アルケーガンダムとともに立ちはだかった。ニールの敵と対峙し冷静なティエリアが、熱くなり怒りを攻撃にぶつけた。しかしそれをあざ笑うかのように、優れた...
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第10話 「天の光」 感想 (モリーゾ愛地球ガンダム1/60ガンプラ博)
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第10話 「天の光」 あらすじ 感想
SEEDシリーズの究極兵器『レクイエム』の改良版≪メメントモリ≫登場!!あと、コーラへささげる2つの英単語も用意しました。 ガンダムO... (シュージローのマイルーム2号店)
 いきなりの回想??  14年前、若くして大学を卒業寸前のスメラギにビリーが名残惜しそうに話しかけ、お互いがそれぞれの道への夢を話します...