コキュートスの記憶

日々の出来事とか戦果(買い物)とか。
主にガンダムを中心にしています。

サンダーボルト 第87話

2017年06月22日 | サンダーボルト
□機動戦士ガンダム サンダーボルト
 第87話 ディスカッション⑧

クローディアを乗せた車両は、下層へ運ばれます。
彼女を迎えた兵士たちは、一様に合掌いたします。
そして、一段下の開けた場所には、
多くの南洋同盟の信者が彼女を待っていました。
クローディアは、僧正の目指す戦後世界の平定と
真の仏国土の実現のためにと信者に語りかけます。

ダリル少尉は、カーラを連れて中庭を散歩中に
普段は禁止されている通路へと彼女を誘います。

ドロス基地の艦橋では、今後の作戦を立案中。
カウフマン少佐は、クローディアの証言により、
旧フィリピンのルソン島にあるタール火山に
南洋同盟の基地があると判明したと説明します。
また、現地への偵察は、ゾックを擁している
ガレ中佐の部隊が適任だと推挙いたします。
クライバー将軍は、ガレ中佐に二個小隊を与え、
偵察任務へと向かわせることになります。
ガレ中佐は、厄介な役をとぼやいていました。
カウフマン少佐も南洋同盟の信奉者でしたね。

カーラの様子をモニターで見ていた担当医は、
ダリル少尉の行動を訝しみますが、
そこへ、兵士を伴いクローディアが現れます。
クローディアたちは、担当医たちを眠らせ、
監視記録などを消すなどの証拠隠滅を図ります。

で、ダリル少尉たちは、基地内の通路を抜け、
南洋同盟信者の用意した車両に乗り込みます。
ダリル少尉たちは、クローディア一行と合流。
彼女たちは、増援の二個小隊として紛れ込み、
このドロス基地から脱出を図るようです。
クローディアは、僧正のニュータイプ能力なら
カーラの心を癒し、回復するだろうと話します。
ダリル少尉は、カーラをクローディアに預け、
彼も信者と同様に合掌をいたします。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンダーボルト 第86話 | トップ | GA2017.07 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。