コキュートスの記憶

日々の出来事とか戦果(買い物)とか。
主にガンダムを中心にしています。

ガンダム00セカンドシーズン#25

2009年03月29日 | 00
<機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン>
■#25「再生」

対峙する、刹那とリボンズ-。
リボンズ曰く、人はわたしに管理されてこそ革新の道を歩める。
また、刹那を超えれば、自身の有用性は不動のものとなる、と。
刹那は、その歪みを破壊する、と。
戦闘を開始する、ダブルオーライザーとリボンズキャノン-。

トレミー2-。
クルーたちは、ヴェーダからの情報で、
刹那が制御下にない機体と戦闘していることを知ります。
先の戦闘の後、アレルヤはマリーを救護室に残し、再び戦域へ、
同じくロックオンも半壊したケルディムで戦場へと向かいます。
ラッセは身体の不調を押して、艦の操舵に加わります。

戻って、刹那とリボンズ-。
リボンズキャノンの射撃を掻い潜り、接近戦に持ち込む刹那。
しかし、射撃を主体とした機体は、ガンダムタイプへと変形し、
互角とも言える格闘戦を繰り広げます。
擬似太陽炉とは言え、ツインドライヴを実現しているようです。
また、変形は前後を換えるだけの簡素なモノで、元の射撃型へ
素早く変形し、ダブルオーの右足を破壊いたします。

これに、リヴァイヴとヒリングが掩護で現れ、窮地に陥ります。
しかし、アレルヤとロックオンが参戦し、五分に持ち込みます。
まず、好戦的となったアレルヤのアリオスにヒリングが殺られ、
アリオスもリボンズキャノンのフィンファングで半壊いたします。
続いて、ケルディムは残されたトランザムを使い、攻撃を避け、
コクピットへの0距離射撃を行い、リヴァイヴを墜とします。
同じく、ケルディムも先の戦闘のダメージで行動不能に…。

スメラギは何かしらの思惑があってか、
改修の終わったエクシア(R2)の戦域への射出を行います。

またまた戻って刹那とリボンズ-。
リボンズはティエリアの説得も拒否し、トランザム化によって
ダブルオーに迫ります。ダブルオーも同じく迎え撃ちます。
リボンズが勝利を確信した瞬間、フィンファングをダブルオーは
量子化によって回避し、リボンズ機に一太刀を浴びせます。
しかし、ダブルオーもこの戦闘で頭部、左腕を失ってしまいます。

リボンズはダブルオーの左腕から太陽炉を奪取し、一時的に撤退。
その中、リボンズは漂流するオーガンダムを発見し、勝機を見ます。
ラッセ、キチンと艦に収納しておけよぅ…。
半壊したダブルオーのコクピットで、刹那はスメラギが射出した
エクシアと認め、残された太陽炉をエクシアへと積み換えます。
また、GNソードIIIもエクシアへと装着させたみたいです。

復活したリボンズのオーガンダムと、同じく刹那のエクシア。
月面に降り立った2機は、ガチの格闘戦を繰り広げます。
最後の互いの斬撃は、コクピットを切り裂き…。

連邦政府の援助で復興したアザディスタン王国-。
マリナは、自室で届かぬであろう刹那への手紙をしたためます。
カタロンで一緒だった子供たちとともに復興したアザディスタンの
今後の動向についてのセレモニーに出席し、宣言いたします。

沙慈は静養するルイスの元で穏やかな日々を過ごします。
また、先の戦闘の中にいたからこそ、思い至った平和な世界への
実現について、二人は思いを巡らせます。

世界は新政府の樹立を掲げ、カタロンの構成員の一部を組み入れ、
再編を果たします。総てをカタロンアロウズの行いとして…。
ホーマーはその責を感じ、邸宅にて自刃いたします。

アンドレイは、父と母が目指した真の軍人となるべく軍に留まり、
市民を護り、平和を脅かす敵と戦うことを誓います。
カティは准将へと昇格、軍に留まりますが、先の戦闘で生還した
コーラサワーと挙式を上げ、コーラサワー夫人となります。
ビリーはスメラギとのスナップを傍らに、技術開発に勤しみますが、
チラリと姿を見せたグラハムは物憂げな表情だったのが気掛かり…。

ライルはカタロンを離れ、ガンダムマイスターとして生きることを
家族の墓碑に誓います。その横にはアニューの墓標も。
墓碑には父と母の名前も書いてましたが、読めなかった…。
アレルヤは、これまでの罪を償うためとして、マリーとともに行脚?
ティエリアはヴェーダとともに世界の行く末を見守るようです。
刹那はライルと同じく、ソレスタルビーイングに留まります。

また、ティエリアの「目」となる役割なのか判りませんが、
中東にリボンズ(ヒリング)、ブリング(デヴァイン)、
新政府にリヴァイヴ(アニュー)、っぽい姿が見られました。

そして、木星-。
人類の幼年期は終わると言う文字とともに…。

また、連邦政府による中東解体とかあったのに結構スムーズに
アザディスタンは支援を受け入れちゃったんですね。
あと、総てがカタロンアロウズの行いとして、
切っちゃう連邦もかなりに黒い感じがしましたけどね。
リボンズと繋がっていた高官などはどうなったんでしょうか??
ちうか、テレビでまとめ切れよって思いました。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖闘士星矢LC125 | トップ | 戦果報告3.30 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゼノタ)
2009-03-29 22:48:50
結局、何であんな争い方をしなきゃいけなかったのか、からしてさっぱり意味がわかりませんでしたね。中東がなぜ支援を拒んだり、連邦入りを拒んだのかも。中東同士じゃ石油の売り買いもできないでしょうにw
…てな風に考えた方が負けなアニメなのかなと。
ちゅーことでお疲れ様でした!
Unknown (カセクシス)
2009-03-29 22:57:34
>中東
確かに今更連邦に加盟しても不公平感は否めませんが、
未来に向けて建設的でもありませんし…。
今のチベット自治区のような惨状になるのでしたら、
力一杯、抗いたくはなると思います…。
やはり、母国が解体され、再編されるというのが
そこに住まう人たちにとって立ち上がるキッカケに
なったのかも知れませんね。

劇場版か…。
訂正 (セカンドY)
2009-04-01 22:46:16
細かい訂正ですが、

>総てをカタロンの行いとして…。

>総てがカタロンの行いとして、切っちゃう
 連邦もかなりに黒い感じがしましたけどね。

この辺りは「カタロン」ではなく「アロウズ」
と書くべきだと思いますが、違うでしょうか。

00の二期は一期前半とは正反対で世界情勢が
欠片も描かれていませんでしたからね。

もう少し人物描写と世界観の描写のバランスを
考えて欲しかったですね。
Unknown (カセクシス)
2009-04-01 23:01:46
■セカンドYさま。
訂正、どうもスミマセン…。
お恥ずかしい、限りでございます。

そうですね。1期では過剰なくらいに丁寧に書かれていましたが、
2期ではアロウズとCBの局地的な部分ばかりを
取り上げていたような気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【リボーンズガンダム】機動戦士ガンダム00 2nd season 第25話「再生」【感想】 (失われた何か)
いよいよ最終回!! そして2010年に映画化決定!! 最近、流行ってますな。最終回放映後の映画化報告・・・。 全体的にすっごく綺麗にま...
機動戦士ガンダム002ndseason#25『再生』 (ゼノタ@Z・3のブログ)
………。終わりましたねー。Oガンダムvsエクシア熱い!!!!コーラサワーおめでとう!!!!とか言えばいいのか?コレ。ジャンプの打ち切りマンガでもちょっとないぞこの出来は(苦笑)劇場版ですか…。いやいやいや。これはもうそういう問題じゃないでしょう。すかっか...
機動戦士ガンダム00 2nd season #25(最終話) 「再生」 (まったり日記)
幾多の艱難辛苦を乗り越え、最後の決戦に身を投じる刹那。 ライルの意思が、アレルヤの思いが、ティエリアの思念が宇宙を翔けるとき、 ダブルオーライザーから発せられた粒子が周囲一帯に広がる。
[ガンダム00]私はヴェーダ…かつてイノベイドと呼ばれた者 2nd第25話 (世界日本ハムの哀れblog@非公式)
 これで終わりか00。なんていうか、駄作とは思わないけど色々と残念なことも。留美とか結局死ぬだけのキャラだったし、ネーナも留美を殺...
さあ~ってと、少しデンジャラスな意味を込めた動画を貼っちゃいます!!まあ、終わり方が終わり方だから、必然的なチョイスになったけ... (シュージローのマイルーム2号店)
 リボンズ VS 刹那  いわば、蒼月 昇 VS 宮野真守の代理戦争!!  やっとの事で、ガンダムOO2期にわたっての最後の戦いがスタートしました…。 ...