ひだまりらいふ

catfishtailの日常。アクア、ビオトープ、ガーデニングに飽き足らず、野菜作りまでも。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビオトープ2009 vol.09

2009-08-12 | ビオトープ

8月最初の更新です。

と言っても、もう半分を過ぎようとしてますが。。。

 

 

さてさて。。。

数日前に熱帯性睡蓮“ピンクルビー”が今季初のつぼみを付けてくれました。 

 

 

で、昨日開花しました。 

 

この株は去年、ムカゴから育てたもの。

ちゃんと冬越しさせれば、花を咲かせてくれるんですね。

今回の花のデータ。

  • ちょっと小ぶり
  • 開ききらない花びら有り
  • 去年より6日遅れの開花

どうしてでしょう?

いろんな理由があるんでしょうが、例えば、小さなムカゴ株だったので元々の栄養分が少なかったとか、梅雨が長引いたとか、そんなことなんでしょうかね。

それでも咲いたことに変わりはありません。

最初から育てた株に対する愛着心というのは大きいんですよね。

これから秋までいっぱい咲いてくれたらいいな。

 

 

去年冬越しさせたのは元株1個、ムカゴ5個の計6個。

そのうち元気な株は3個だけ。

元株1個とムカゴ株1個は柔らかくなって腐ってしまいました。

元株は大きかっただけに残念。

うん?、ちょっと待って。。。

元気株3個と枯死株2個で計5個。

あれ、残り1個は?

 

 

残り1個は春のお目覚めからウンともスンとも変化無しなのです。

株はまだ全然堅いので枯死している様子は無いのですが、葉っぱが出る気配も全然無し。

もしかしたら低血圧でずっと目覚めが悪いのかもしれませんね。

これからも様子を見ていこうと思います。

 

 

click. click.     

コメント (13)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.08

2009-07-11 | ビオトープ

クリアビオ 。。。 

放置プレイ続行なので、あんまりキレイじゃない。 

 

 

ロタラ・インジカの花も終わり。。。

 

 

代わりにシラサギカヤツリソウが色づいたけど。。。 

 

 

放置されていることに変わりはなく。。。

水中も誰の根っこか分からないけど溢れている。 

でも、それが良いと言ってくれる人もいて。。。

 

 

この人とか。 

 

 

この人とか。 

 

 

この人とか。 

 

 

この人とか。 

 

 

今日はクリアビオのお話でした。

今年はあまり時間が取れないということもあって、メダカの採卵をせずに自然に任せていましたが(去年の採卵の様子はこちら )、勝手に増えてました。

水中の根っこジャングルが身を隠すのにちょうど良いみたいです。

また、稚魚たちは大中小と揃っていることから、コンスタンスに生まれているようです。

やっぱり稚魚は可愛いですね。

 

 

   click. click.
             

           ぜひともクリックを

初めての方でもどんどんコメントを下さい

お返事は必ずさせていただきます。

よろしくお願いします         

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.07

2009-06-30 | ビオトープ

ようやく梅雨らしい天候になりましたね。

私にとっては鬱陶しくて、イヤイヤな季節ですが、植物にとっては嬉しい季節。

中には私みたいに、ムレムレになって、イヤイヤしている植物もいますが、ここぞとばかりに成長する植物もいます。

我が家の庭でも、目に見えるスピードで成長して、急に花が咲き出した植物があったりします。

そんな状況は、睡蓮でも例外ではなさそう。

ほぼ1週間前に登場した熱帯性睡蓮“ピンクルビー”。

急に“らしく”なってきましたよ。

ほんとにこの1週間で、急に。。。

このぐらいまで葉っぱが大きくなれば、もう心配はないかな。

これからもっともっと大きくなるし、枚数を増やしていくはず。  

楽しみだな。

 

 

 

こちらは 温帯性睡蓮“ローズアレー” 。

蕾でしたが、無事に開花しました

色合いもまずまずでしょう?

 

 

 

その “アトラクション”の隣の睡蓮鉢ではミソハギが満開を迎えてます。

ミソハギは、この花が終わる頃に切り戻しをしてやると、再び花を咲かせてくれるので、我が家では重宝しています。

丈夫だし、キレイだし、言うことなしです。

 

 

   click. click.
             

           ぜひともクリックを

初めての方でもどんどんコメントを下さい

お返事は必ずさせていただきます。

よろしくお願いします         

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.06

2009-06-22 | ビオトープ

GWに目覚めた熱帯性睡蓮“ピンクルビー”、その後どうなったのでしょう?

お目覚めの記事はこちら 。

 

 

 

ようやく葉っぱが出てきました。

でも、出てきたのは2株だけ。

 

あれからほぼ1ヶ月と3週間経つのに、あんまり育ってないなー。

去年はどうだったっけ?

ちょっと確認してみました。

こういう時便利ですよね、ブログって。

自分の記録として使えるんですもんね。

 

 

 

ありました、ありました、1年前の6月23日の記事 に。 

再掲ですが、こんな感じでした。

 

今と同じような大きさですね。

一安心。

さらに別の記事 によると、一番最初の開花は8月に入ってからでした。

なるほど、なるほど。

まだまだ心配しなくても大丈夫そうですね。

 

 

 

では、では、睡蓮をもうひとつ。

温帯性睡蓮“ローズアレー” です。

蕾が出てきました。 

もう少し、頑張れ

ちなみに去年 は90ビオで活躍してました。 

 

 

 

次はこちら。

ハンゲショウです。 

成長すれば葉っぱの先が白くなります。

去年は日当たりが良すぎて?白くなりませんでしたが。。。

でも、今日はハンゲショウじゃなくて、その水中を見てください。

分かります? 

室内の90cm水槽から間引いてきたエキノドルス・テネルスです。

水槽で が咲いたことがあったので、屋外のビオトープでも挑戦してみようというわけです。

うまく育つのでしょうか?

水上葉と花に期待したいと思います

 

 

   click. click.
             

           ぜともクリックを

初めの方でもどんどコメントを下さい

お返事は必させていただきます。

よろしくお願いしま         

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.05

2009-06-13 | ビオトープ

今日はここ数週間のビオトープを紹介します。

 

 

60ビオ(60cmサイズのトロ舟)。

左側から伸びている木の枝の隙間に赤いものが。。。

 

温帯性スイレン“アトラクション”の花です。

去年の春に我が家にやってきましたが咲かないままシーズンが終了、今年はどうかな?と思ってましたが、ようやく咲いてくれました。

花びらの先が丸いので椿(ツバキ)のような印象。

ただ、去年のまま植え替えをせずに追肥を行ってないせいか、花色が少し悪い感じが。。。

 

 

クリアビオ でも花が咲きました。

ロタラ・インジカです 

去年のまま生えるにまかせているので、かなり密生しています。

 

 

次は、庭の地面に根付いたルドウィジアとウォーターマッシュルーム。  

まず、その経緯から。。。

去年の夏に右側のビオトープからルドウィジアとウォーターマッシュルームどんどん伸びて溢れてきました。

この段階ではまだ根っこは水中のみ。

それがいつのまにか庭に根付いたようです。

冬には水中で根付いた部分と、地面で根付いた部分の間だけ枯れてしまいました。この時点で水中とのつながりが完全に分断された訳です。

そして現在、右側にあったビオトープは移動させて、他の陸生植物とコラボっています。

水から離れても育つもんなんですね。

右上に丸い葉っぱのウォーターマッシュルーム、右下にやや濃いグリーンのルドウィジアが群生。

ルドウィジアにズームアップ

黄色い花が咲いています。

色が飛んでしまった。。。

ウォーターマッシュルームも。

特有の丸い葉っぱが隠れてしまいましたが、白い小さい花がカバーグラウンド植物の隙間から出てきました。

 

 

   click. click.
             

           ぜともクリックを

初めの方でもどんどコメントを下さい

お返事は必させていただきます。

よろしくお願いしま        

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.04

2009-05-03 | ビオトープ

いつも生体を通販で購入する際にお世話になっている発泡スチロールの箱。。。

この箱、なかなか捨てられないんですよね。

まだまだキレイだし、何かの役に立つかもしれないし。

箱だけがどんどん貯まっていくばかり。

でも、我が家ではこんな風に使ったりもしています。

あっ、そう言えば、この約4ヶ月間あるものの冬越し場所としても利用してました。

寒い私の部屋に保管、いや放置していて忘れてました。

もうそろそろ起こさなくてはいけないはず。。。

春になってから1回も蓋を開けていないので、中がどうなっているのか、ちょっと心配。

もしかしたら爆発しているかもしれないし、腐っているかもしれない。。。

逆に増殖しているかも可能性も、いやいや他の生き物に変身しているかも。。。

最悪の場合、いじけているかもしれないし。。。

 

 

 

勇気を振り絞って、蓋を開けて。。。 

 

 

 

オープン。。。 

ありました、ありました。

どうやら姿かたちは変わってないようです。

実はこれ、熱帯性スイレン“ピンクルビー”の株を包み込んだ泥団子なのです。

詳しくはこちら へ。

が、ちょっとだけヘドロ臭が。。。

もしかして腐ってる

今度はビニールから泥団子を取り出して、割ってみないといけません。

またまた勇気が必要です。

 

 

 

袋を開封し、泥団子を割って。。。 

 

 

 

出てきました。

6株とも堅いままで腐ってはなさそう。

よく見ると株から何かが出ているのもあります。

根っこかな?

どうやら冬越しは成功したようです。

 

 

 

で、早速赤玉土と元肥を入れた植木鉢に植え付けて、水に沈めました 。 

 

 

 

こちらにも。

入れる容器がまだ準備できてないのでバケツに。 

初めての熱帯性スイレンの冬越し、多分成功したんだと思いますが、葉っぱが開いて根付いてくれるまでは安心できません。

今年も次から次へと花を咲かせてくれることを期待したいと思います。

6株が競い合うように咲いてくれたら楽しいだろうなー。

 

 

 

おまけ。。。

こちらは60ビオ(60cmサイズのトロ舟)。

まだ株分けも整理も出来てません。

枯れた葉っぱも取り除いてないし。。。

 

でも。。。

 

 

 

見つけました。

 

 

 

これを。

温帯性スイレン“アトラクション”の蕾です。

去年は全く咲かなかったのですが、何かの気まぐれで蕾が出てきました。

このまま咲いてくれるのかな?

 

 

 

   click. click.
             

           ぜともクリックを

初めの方でもどんどコメントを下さい

お返事は必させていただきます。

よろしくお願いしま     

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.03

2009-04-14 | ビオトープ

こんにちは。

本題に入る前に、春らしい写真をUPしてみました。

1枚目は、空へまっすぐ伸びるツクシ君。

子どもたちもこんな風にまっすぐ育って欲しいものです。

 

 

 

2枚目はタラノメ。

家の裏藪から採ってきました。

もちろん天ぷらにして、私の胃袋へ。 

 

 

 

本題。。。 

今日はクリアビオです(クリアビオの由来と去年の様子はこちら )。

ミツガシワの花が咲きました

我が家では初めての花です。

ミツガシワは2年前 から我が家のビオトープの一員になってましたが、わさわさ茂るわけでもなく、そのうえ盛夏には元気が無かったり、虫による食害も多かったので、今まで紹介する機会があまりありませんでした。

でも、こうして。。。

 

 

 

葉っぱです。 

 

 

 

ピンクの蕾も可愛いです。 

先日の90ビオに引き続き、クリアビオも株分け&整理を行おうと思ってました。

でも去年の例を考えると、4月に入ってすぐに植え替えをしたので花が咲かなかったのかも。。。

新しい土で根っこを伸ばすことにエネルギーを使い、花を咲かせる体力が回復しないまま春が過ぎていったのかも。。。

なので、今年は手を加えずに見守ってみようと思います。

調子も良さそうだしね。

 

 

 

さてさて、冬を乗り切ったクリアビオの住人たちを紹介します。 

まずはメダカ。

すでに卵をぶらさげてますよ。

シーズンの到来です。

 

 

 

次はあかお&しろおjr.

大きくなりましたよ。

 

 

 

   click. click.
             

           ぜひともクリックを

初めての方でもどんどんコメントを下さい

お返事は必ずさせていただきます。

よろしくお願いします     

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.02

2009-04-12 | ビオトープ

このブログ、1ヶ月近くも放置してしまった。。。

 

 

 

おかげさまで年度末の仕事も無事に完了しました。

が、4月に入ってから抜け殻のような感覚に陥ってました。

何にもしたくないというか(仕事はしてましたが。。。)、無気力というか、ボケボケの毎日を過ごしてました。

で、ブログの方をちょっとさぼっていた、ということです。

すみません。。。

 

 

 

しかし、気づいたのです。

春はあっという間に過ぎ去っていくものだ、ということを。

この良い季節を楽しまないなんて、もったいない。

と、いうことで私もそろそろ動き出そうという訳です。。。

 

 

 

春になると我が家でもいろんなものが動き出します。

あるものは新芽を出し、またあるものは花を咲かせます。

また、あるものは冬越しから目覚め、あるものは卵を産み始め、あるものは新しいことを始めます。

春というのは生命感に溢れてますね。

 

 

 

さて、この春の陽気の中、水生植物も生長を始めてます。

これは90ビオ(90cmサイズのトロ舟のビオトープ)です。

今日はこれを整理しようと思います。 

水面もスゴイけど、水中も根っこだらけで凄いことになってそう。。。

 

 

 

植木鉢を引き上げて、株を抜いてみました。

これはナガバオモダカ。 

おっー

いつものことながらスゴイ根っこです。

これでは窮屈。

 

 

 

早速、株分けです。

手が泥だらけなので、作業写真は撮れませんでした。

 

 

 

作業終了後。 

思いっきりコンパクトにしました。

この緑の葉っぱは春になって伸びてきた新しい葉っぱです。

他の植物についても概ねこんな感じに株分けをしました。

これを新しい土に植え替えます。

 

 

 

整理した植木鉢です。。。 

スッキリしました。

 

 

 

今回は90ビオしか出来ませんでした。

週末には他のビオトープの整理もしなければ。。。

忙しくなるぞー

 

 

 

   click. click.
             

           ぜひともクリックを

初めての方でもどんどんコメントを下さい

お返事は必ずさせていただきます。

よろしくお願いします    

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2009 vol.01

2009-03-11 | ビオトープ

2009年最初のビオトープ。

今年もやりますよー。

 

 

 

まず去年の90ビオ(90cmサイズのトロ舟のビオトープ)の様子から。

今年もまたこんな水景を作りたいと思います。

 

 

 

そんな90ビオも今は冬枯れ状態。 

水面が赤いのは浮き草が紅葉しているからです。

 

 

 

今日はその中のある水草に注目してみました。

ルドウィジアです。 

夏は水面から溢れて、地面を覆ってカバーグラウンド化してました。

 

 

 

今は。。。

ちなみに、水中部は枯死せずに寒い季節を堪え忍んでいます。

 

 

 

ところがカバーグラウンド化した地面では。。。 

頑張ってます。

 

 

 

おまけ。

ミゾソバです(去年の様子はこちら )。

去年の種がこぼれていたのでしょう、いっぱい芽が出てきました。 

今年もミゾソバのかわいい花を期待したいと思います。

 

 

   click. click.
             

           ぜひともクリックを

初めての方でもどんどんコメントを下さい

お返事は必ずさせていただきます。

よろしくお願いします   

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ビオトープ2008 vol.22 冬

2008-12-24 | ビオトープ

今日はクリスマス。。。

早っ

今年もあと少しで終わっちゃうじゃないですか

今年中にやらなければいけないことがまだまだあるのに。。。

年賀状もまだ書いてないし。

どうやら今年はやり残しが出てきそう。

うーん、でも、これだけはやっておかないと。。。

それは、熱帯性睡蓮ピンクルビーの冬越し準備。

熱帯性睡蓮はそのまま屋外に放置しておいても冬越しできる場合もあるそうですが、次年の成長に影響が出るらしいです。

なので、来年もきれいな花を長く楽しむためにちゃんと冬越しをさせたいと思います。

ピンクルビーを頂いたびわこさん から教えてもらったサイト を参考にしました。

 

 

まずは現在の様子を見ていただきましょう。  

親株です。

 

 

こちらはムカゴ株 を入れているプラケ。

生きているのかどうか分からないですね。 

 

 

親株を植木鉢ごと出してみました。 

お~

新芽と花芽があるじゃないですか

隙があれば葉っぱを伸ばし、花を咲かせようというのでしょうか。

このまま屋外でも冬越しできそうな雰囲気。

 

 

ムカゴ株のポットを水中から引き上げました。

可愛らしい葉っぱ。

ちなみにこれは砂利で育てているのではなく、培養土の流出防止のために砂利を表面に敷いているだけなのです。 

 

 

さて、これからが本番

まずは株を土から掘り出して、土を洗い落とします。 

 

 

親株。

太い根っこです。 

右下方に写っているのは新しくできた子株。

実は、後からもう1個子株が出てきました。

ムカゴ株を合わせ、合計6個の新株です。

 

 

ムカゴ株4個。 

ムカゴだった部分も大きくなってました。

 

 

次に葉っぱと根っこを全て切り落とします。 

しまった、写真を取り忘れた・・・

 

 

今度は土です。

今まで睡蓮が植わっていた古い土を粘土遊びが出来るぐらいまで練ります。

水に浸かっていて水分が多かったので、乾いた土を追加して粘度を調整しました。  

 

 

出来上がった粘土で株を包み込みます。

“梅干しのおにぎり”のイメージ。 

 

 

出来上がった泥団子。

これはムカゴ株の入った泥団子を4個くっつけたもの。 

 

 

最後に泥団子をビニール袋に入れ、空気を抜いて密閉します(私はびわこさんの真似をしてジプロックを利用しました)。

これを室内(温度の変化の少ない場所)で保管すれば冬越しOKということです。

私は発泡スチロールの箱に入れ自分の部屋で保管することにしました。

 

5月には泥団子の中で発根していたり、発芽しているようなので、その頃泥団子から出して新しい土に植え付けるのだそうです(詳しくは先に紹介したサイトを参照してください)。 

 

 

ふう~

所要時間約30分。

気になっていたことがひとつ片付きました。

うまく冬越しできればいいんですけどね。

そうすれば来年も花盛りです。

 

 

あっそうそう、ゴム手袋は必需品ですよ。

 

 

   click. click.
             

           ぜひともクリックを

初めての方でもどんどんコメントを下さい

お返事は必ずさせていただきます。

よろしくお願いします     

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加