たっかしのチラシの裏。

画像サイズは長辺を640に。11年前から偏った情報を配信中。

【水葬銀貨のイストリア】夕桜√・ゆるぎ√

2017年06月30日 21時24分48秒 | 感想


ハッピーエンドを約束された今作ですが、必ずしもハッピーじゃなくてもよかったかなぁ…。
玖々里ちゃんと小夜は攻略したので、残りの夕桜√とゆるぎ√でも。
個別√入ってから、急に雑になった感が………。


・第8章選択肢のその後、夕桜側

玖々里ちゃんと泣く泣くお別れをすると、小夜さんともお別れです。
構ってちゃんだったってどういうことなのよー。
なお、父親の問題については紅葉が知らないところで何とかしてくれた模様。

一方、小夜さんとの関係に納得がいかない祈吏に、主人公はC.Aであることを打ち明けます。
祈吏に否定されて、でも、殺してはくれなくて…また背負うものが増えたところにゆるぎ登場。


ゆるぎによって肯定された主人公は自身の幸せのために進んでいくのです。
というか、要所要所で登場するゆるぎちゃん。ヒーローを目指すだけあっていい子ですねー。
カジノで負けてたりと熱くなると危ういところもありますが、大天使である玖々里ちゃんがいなくなって存在が際立つ。
まぁ、個別√入ると記憶に残らない程度の活躍なんですけどね!(ぇ

・夕桜√
祈吏の活躍が見れる熱い展開!
主人公じゃなくって、祈吏視点で物語が進んだ方が面白そうです。

・ゆるぎ√
和奏先輩が壊れちゃう話。困ったときのあかりん!
ところで、ゆるぎ√である必要は……和奏√でよかったんじゃないの?

web拍手を送る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1603~1703のラーメン。 | トップ | 冬のフルーティア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。