話の扉

一級建築士 野積基子所長のブログ

歴史的建造物 桐生

2017-03-30 11:29:01 | 建築
桐生明治館

桐生市相生町2丁目414-6
旧群馬県衛生所
木造2階建て
建築面積: 255.73㎡
延べ床面積:511.486㎡
重要文化財指定(昭和51年2月)

今でいうと
医学校です。
構造は和小屋組
仕上げを外観 内部などを洋風建築
典型的な擬洋風建物と
パンフレットに記載されています。

明治天皇が巡行していて
その時座った椅子がのこされていました。

管理等やメンテ費用からと思いますが、
内部の壁が漆喰からビニールクロスになって
いるのは残念な状態でした。

階段が幅も広いですが
曲がる角を見て下さい

現在では不可能な枚数です。
6枚です。
今は3枚が基準です。

1階の展示室一角に
こんな珍しい

江戸 幕末から明治に入り
鍛冶職人は刀から自転車を作りました。
この形状の自転車は
日本で4台しかないうちの
この1台です。
乗るところを見てみたいですね。
(お尻のところも鉄で
 痛そう・・・(◎_◎;))
         
    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この1枚の絵が観たくて・・・ | トップ | 現場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。