冥王星の使い方

2016-10-14 00:26:59 | 準惑星
前回に引き続き冥王星です

アブラハム
Abraham:英語読みではエイブラハム

ロ−マ人の手紙  題 「無から有を呼び出される神」
パウロはアブラハムの信仰の中心は「死者を生かし、無い者を在る者のようにお呼びになる方」(17)を信じる信仰にあったと理解しています。アブラハムは、「神は死者を生かすことがおできになる、何も存在しない無の状態からいのちを呼び出され、世界を創造する力に満ちておられる」と神を理解し、その神を信じたのでした。

バシャール:9つの評議会
地球を含む9つの惑星(水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星)にはそれぞれ9つのエネルギーを象徴する”世界”が存在しているとバシャールは話します。そのエネルギーはそれぞれ、認識する力、選択する力、行動する力、経験を積む力、反映する力、学ぶ力、成長する力、超越する力、忘却する力です。

未来は、えらべる! バシャール 本田健
物質次元の意識を使って集中する作業は,「受け取る準備」です.高次の意識が,あなたが望んでいることがらの最良の実現方法を知っています.したがって,実現化とは,「集中と忘れること」「(起きるのを)許すこと」の結果だと言えます.
物質次元で何かを実現したかったら,どんなことでも,1回だけ15分集中すれば充分です.もう1回,集中してしまったら,それは忘れていないということですよね.
自分の最大限の能力で,情熱にしたがって行動する.そして,いまこの瞬間に存在する.そうしさえすれば,あなたのハイヤーセルフ(大いなる自己,高次の自分)があなたに一番役立つ形で,数々のことを実現してくれます.



冥王星は忘却する力を象徴し、忘却は引き寄せの法則において重要なプロセスである。


サビアンシンボル再び登場
トロピカル 蠍座4度 A youth holding a lighted candle 火のともったろうそくを運ぶ若者 KEYWORD:RELIANCE 信頼
ラヒリ 天秤座10度 A canoe approaching safety through dangerous waters 危険な流れを抜け安全な場所にたどり着いたカヌー KEYWORD:COMPETENCY 資格 適性
ドラコニック(トゥルー) 乙女座6度 A merry-go-round メリーゴーラウンド KEYWORD:DIVERSION 脇へ反らせること、転換
ドラコニック(ミーン) 乙女座7度 A harem ハーレム KEYWORD:RESTRAINT 拘束 自制



願望のロケットと生命の川
私たちは川べりにオールを積んだカヌーを運んで、その願望の叶う場所にたどり着こうと急流に浮かべる。
そしてカヌーを上流に向けて、流れに逆らって一生懸命に漕ぎ始める。
「舳先を下流に向けて、流れに乗ったらどうかな?」
エイブラハムはそう尋ねる。
するとたいていはこう答える。
「だって、そんなのは怠けてるみたいじゃないか!がんばれるだけがんばるよ。」
しかし、上流には、私たちが望むものは決してない、とエイブラハムはいう。
その「生命の川」は、私たちが物質世界の身体に宿る前から流れている。
私たちが何かを求めるたびに、長く生きるほどに川の量は増し、流れは速くなっていく。
ひとたび願望のロケットを打ち上げれば、ロケットは下流にたどり着き、そこであなたを待っている。

「オールを手放すだけでいい。ただ流れに逆らっている今の行動をやめる、それだけでいい。あとは流れが向きを変えて、あなたがたを運んでくれる。」


「merry」の意味
陽気な,愉快な,快活な

エイブラハムの「ヴォルテックス」
ヴォルテックスのなかでは、喜びや情熱、快適さ、愛、楽な気分、うまくいく、問題ない、
心配ない・・・といった感情を感じます。
こういう感情を感じるとき、僕たちはヴォルテックスのなかにいるのです。
「引き寄せの法則」では「いい気分」を大切にしますが、
実はそれはこういう事態なのです。


私たちを幸せへと導く「転換のプロセス」
自分が何をなにゆえに求めているかをよく考えたら、既に望みを達成している自分を思い浮かべよう。自分のなかから肯定的な感情がわいてくるまで、既になりたいものになった自分、欲しいものを手にしている自分、やりたいことをしている自分を思い浮かべるのだ。
 必要なのは慣れだ。やればやるほど、あなたは上達していくだろう。そして、素早く転換が起こるようになり、いい気分になって、自分が転換に成功したことがわかかるようになるだろう。



トロピカルは、無意識(蝋燭に照らされていない闇)への信頼
ラヒリは、オールを手放し、生命の川に身を委ねること
ドラコニックは、ヴォルテックス(メリーゴーラウンド)の中にいること、既に望みを達成している状態(ハーレム)に意識を向けること
だと思われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冥王星 サビアンシンボルに... | トップ | 2 Pallas »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む