カタバミ 

四季を通じて山や自然を愉しみ、トレッキングやハイキング、自然を愉しむ人と交流するサイトです。

山のガイドをお願いして、登山をしたくなった!

2017-06-28 20:00:00 | ハイキング
NHK‐TV番組の「日本百名山」では、必ず、登山口でガイドさんと待ち合わせる。
そして、ゆっくり、しっかりした足取りで、山登りが開始する。
いつも見ていて感じるには、頂きに立つガイドの息が全然上がっていないことだ。

昨年暮れNHKで、工藤夕貴主演の「山女日記」(計7話)が放送された。

あらすじは、工藤さん演じる「立花柚月」が一流商社から【登山ガイド】に
転身して、ガイドをしている最中の様々な出来事や人間模様を題材にしている。
そんな彼女に好意を寄せてサポートする、黄川田将也演じる「木嶋岳志」は、
【山岳ガイド】である。

【登山ガイド】と【山岳ガイド】は呼び名が違うのであるから、資格として
どの様な違いがあるのだろうか。調べてみた!

山のガイドは、以前は団体や地域でばらばらだったのが、「日本山岳ガイド協会」
を中心にまとまりつつあるということだ。
2014年で1,200名で、今後まとまればさらに増えていくと予想される。

1つにまとまることは、良い面ばかりではないだろうが、ガイドの資格が統一されると
加入する側も、利用する側も安心して、活動や利用が出来ると想像する。

さて、その登山におけるガイドの資格と言うのは、
 自然ガイド ステージⅠ、Ⅱ
 登山ガイド ステージⅠ、Ⅱ、Ⅲ
 山岳ガイド ステージⅠ、Ⅱ
 国際山岳ガイド             となっている。

 その他にも、
 フリークライミングインストラクター
 スキーガイド ステージⅠ、Ⅱ    があるらしい。

では、登山ガイドと山岳ガイドの違いは? 
 登山ガイド 登山道を案内するガイド
 山岳ガイド 登山道、それ以外の岩稜、谷、壁などのバリエーションルートを案内する
通常の登山者はどちらもお願いできるが、案内できる範囲の広さの違いらしい。

次は、資格取得にはどんな経験と知識がいるのか、
 一次試験 筆記試験(山岳・登山)+実技試験(山岳のみ)
 二次試験 登山ガイド 3〜4つの認定試験と義務講習
      山岳ガイド 6〜7つの検定試験と義務講習
 さらに講習は、1回、2日から5日(登山ガイドは2日)の講習をクリアする。
 その試験や講習を受けるための、受講料や交通費、宿泊費も自己負担なのだ。
 資格は永久ではなく、3年ごとに更新のための研修に参加しねければならない。

【資格の目安】
◇登山ガイドステージⅠ ・・・「山女日記」の立花柚月は新米の登山ガイドだから、おそらくこの資格

 国内の無積雪期においての山地・山岳地帯での整備された登山道で、登山ガイド行為を行うことが出来る。
<活動エリア>
 無積雪期の一般登山道。登山地図の実線で示された登山道。破線、難路と示された登山道は除く。
 沢登りはできない。

◆山岳ガイドステージⅠ

 通年の国内山岳と縦走路のある岩稜コース。国内にて一年を通して登山ルートのガイド行為を行うことが出来る。
 但し、岩壁登攀、雪稜バリエーション、積雪期の岩稜バリエーション、フリークライミング講習は不可。
<具体的業務範囲例>
 無積雪期:西穂~奥穂縦走、奥穂~槍縦走、剱岳別山尾根~北方稜線、北鎌尾根、前穂北尾根、剱岳源次郎尾根など
 積雪期:八ヶ岳縦走(赤岳~硫黄岳)、阿弥陀岳南稜、北稜、北海道の山々、東北の山々など。
 ポピュラーな沢登り(滝の登攀はシングルピッチまで)ルート。
 但し、スキーガイド分野は別に資格を取得する。

登山者にとって「トムラウシ山遭難事故」のような痛ましい事故は、絶対に避けなければならない。
自分の経験や体力を無視した過信や冒険は、登山には不要だ。

上記のようなキビしい試験を合格したと分かれば、是非ガイドと共に登山をしたくなった。
憧れの頂を目指すのに、是非力を貸してください。


*資格認定試験は、例年4月から受付が開始されるようです。
*我こそはと言う方は、是非「日本山岳ガイド協会」のHPを覗いてください。

公益社団法人日本山岳ガイド協会 公式ホームページを参考に記載しました。
 http://www.jfmga.com/syutokuniatatte.html
 
 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山の日」が祝日となって、... | トップ | 登山ガイド、山岳ガイドは、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。