キャットてぃるのサックス遊戯BLOG

42歳から始めたジャズ・サックス・プレイヤーへの道のり

ドラムでセッション

2016年10月11日 13時52分51秒 | ドラムス
昨日は、超久しぶりに大宮にあるアコースティックハウスジャムというお店のジャズセッションに行ってきた。

なんとこのお店に行くのは2年ぶりー。

さらにドラマーとして行くのは初めて(これまではアルトかソプラノ、フルートとか。)なので、いきなり「ドラム叩きますー。」とかお店の方に言ったら、すっごく驚かれていました。
ということは、はい。お店のドラムを叩くのも初めてなので、いささか緊張気味~。

でも、いざ、セットに座ってみたら、すっかり昔を思い出して、、。うーん。懐かしい感じが。

今までも他のお店でサックスを吹く傍ら、ドラマー不在とか、気分で、少しだけドラムを叩くことはあったけど、こうやって「ドラマー」としてセッションでエントリーするのは10年ぶり。
先月辺りから、「セッションでドラムを叩く。」というを回帰させようと密かに思っていたので、「これがなんらかのきっかけになればいいな。」と、思ったり~。

残念ながらセッションはいる時間が少なくて、、。
それでも4曲ほど叩かせてもらった。

な、なんだけど、、、あっー!?問題が、、、いきなり最初の曲が「ブルーボッサ」っ!!(うっ、ボサノバのリズムが、。)
、、、つうか、ボサノバは、一応、叩けるけど、、、あまり練習してないので動きを忘れていて、、、案の定、叩いてみたけど動きがぎこちないー。
ずっと4ビートばかりセッションで叩いていたので、いきなりボサのリズムは辛かったー。
で、その後は歌伴で速めの4ビート。お気に入りのナイロンブラシで叩いて楽しかった。
その後は「ジャストフレンズ」とか、「ビューティルラブ」とか、ミディアムテンポの4ビート叩いて、ブラシとスティックと交互に使ったりして。
なんかまだリハビリっぽい演奏になってしまった感はぬぐいきれないけれど、、、。
ともかく超久しぶりのドラマーになりきったセッションは「楽しい。」のひとこと。

あとは、今後、どうするか?

じっくりと考えたいところだけど、ベースで2つ、アルトで一つ、バンドをやっていることを考えると、ドラマーにすぐに回帰するのは難しそう。
で、でも、家では練習をして、もう一度、忘れた叩き方を思い出したい。

ということで、楽しいドラムでセッションでしたー。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再びトランプサイズの油絵講座 | トップ | サックスレッスン再出発! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。