キャットてぃるのサックス遊戯+BASS

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

ベースで「きらきら星」

2017年03月21日 13時29分11秒 | EUB奮闘記
今日もアップライトベースの練習をしたけど、基礎練習のついでにメロディを弾きたくなって、ためしに「きらきら星」を弾いた。

この曲は楽器初心者の定番曲だけど、ベースでは弾いたことがなかった。
もちろんアルトやソプラノ、フルートでもピアノでもなんでも弾いたことあるけど、、、ポイントはメロディの最初の音がルート音で次に5度の音に飛ぶのがミソ!
メジャースケールの6つの音しか出てこないので、セブンス感は無いけど、メジャースケールの音の位置関係を把握するのに便利なメロディだと思う。

で、エレキベースで弾くとハイポジション中心のメジャースケールになり、運指も同じでポジション移動だけで弾けるので面白みはないけど、それをアップライトベースで、それもローポジション中心に弾くと場面は一変!?ちょっと運指に工夫が出て面白かった。

まず、開放弦の使えるキー(たとえばC、F、Gとか)は、開放弦をそのまま使うようにするので指も楽だけど、、でも開放弦の使えないキー(B、F#とか)は、残念ながら指を押さえっぱなしになる仕組み。
もちろんスケールは規則性があるので、弾いて慣れてしまえば、どれも楽になるのかな?

あとアルトでもメジャースケールの練習はよくやるけど、問題はその順番。

一応、キーをやる順番は、5度圏を基準に回しているけど、残念ながらそのままの順序じゃない。

つまり、スケールを弾く順番は、

「C」→「G」→「F」→「D」→「Bb」→「A」→「Eb」→「E」→「Ab」→「B」→「Db」→「F#」といった具合で、教則本の掲載されている5度圏の順番とは異なると、今更ながら気付いた。

で、なぜ、この順番になったのか?

そう、たぶん、最初に受けたアルトのレッスンで、この順番でメジャースケールを覚えたから。
別に他の順番でメジャースケールを練習しても、問題ないとは思うんだけど、、。

で、でもその順番で10年以上も練習してきたので、やっぱりこの順番の方がしっくりくる!

と、テーマはキーの順番じゃなかったー。

そんな感じ、(どんな感じ??)で、ベースで、それもローポジションで「きらきら星」を弾いてみたけど、、、楽しかった。
普段あまり練習しないDメジャーやEbメジャーで弾いてみて、改めてスケールでの音の位置も発見できて、これでさらに指板での音の位置を把握できるような気がして。

ちなみに「きらきら星」のメロディは、記憶しているので譜面は当然無し。
その調子で他の曲も覚えられたらどんなにいいか。
がしかし、、、現実はそんなに甘くない。


にほんブログ村
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« -EUB-新たな発見その後・・・ | トップ | -EUB-座奏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。