キャットてぃるのサックス遊戯+BASS

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

バリが出る

2017年02月24日 10時00分04秒 | コンパクトベース
我が家の可愛いコンパクトベースですが、、。



昨年の秋に買って愛用していた頃はネックの状態も良く、レッスンで先生にも弦高とか、何度も調整して頂いて絶好調のまま年を越え、、。

と、ところが、「今年になって真冬真っ只中!なり、ベースを置いている防音室も毎日暖房が欠かせなくなるー。」状態になり~。
運悪く、その暖房器具であるエアコンの風が当たる真ん前にベースを置いていた結果、、、なんと楽器自体の木が乾燥状態ーになった模様~?!



実は、「ギターやベースのネックの木が痩せてフレットが飛び出した状態になる。」ということを「バリが出る」というらしいのだけど、その状態になること自体は知っていた。
現によく遊びに行く町の楽器屋さんに行っても、店頭に展示してある比較的安いギターやベースのネックを触るとそんな状態だったりするから、「きっと安い楽器はこうなるんだー。」と、密かに思っていた。
なので、まさか自分のベースがそんな状態になるなんて~。(って、自分のベースも比較的安い楽器じゃん!笑)
ただ、今のベースを買った当初はバリは出ていなかったので、、、これはもちろん!保存状態のせい。



特に今月になってからコンパクトベースを弾くと、、、左掌がびみょ~?!に痛い。特に左手をスライドさせると、ちょこっと痛い。さらにベースを持ち上げようと右手でネックを握ると、ちくちくと痛い。
うん、どうやらネックが痩せてきたようだ。

と、感心している場合でもなく、、。

この状態が続くとさらに進行して、左手でポジション移動するだけで手が切れて血まみれ~状態にもなりかねない。
あまりに醜い状態になってきた気がしたので、、、。

昨日はレッスンのついでに先生に相談してみた。

そしたら、「なんなら修理しますよー。」と、快く承諾してくれた。(やったー。)

という事情で、来週のレッスンはこのベースを先生に預けるべき、持っていくことに。

で、バリの出たフレットについて、「自分でも直せるのか?」という質問について、、、

先生曰く、「あまり素人はやらないほうが、、。」

というか、素人以前に、「自分自身、工具も無いし、やり方も分からないままの見切り発車は絶対にキケン!」って。

ということで、まだまだこの小さいベースはバンドで使うことになっているので、今、直しておくといいかもー。

で、預ける期間(数週間は、)は、もう一本のメインである5弦ベースで弾くことになりそう。

って、なんで我が家にフツーの4弦のベースはないんだ??(笑)

とはいっても、日々、毎日の練習は引き続きアップライトベースで。
なにしろこのベースで練習すれば指も鍛えられるし、もちろん弾ければ実践でも使える可能性大!
昨日のレッスンでも、「上達レベルはかなり早い方~。」と、お褒めのお言葉を頂いたので気を良くして、このまま上達できるように日々の練習は欠かせない。
特に初心者の最初の3ヶ月は、特に重要なので、あと2ヶ月間は毎日練習したいと。

ちなみに、

そのベースを置いていた防音室の湿度は、

たったの20パーセント!?

これではあまり乾燥しすぎー。

楽器の保存にはまったく向いていない。
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップライトベースのレッスン | トップ | -EUB-ゴムキャップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。