キャットてぃるのサックス遊戯+BASS

42歳から始めたジャズプレイヤーへの道のり

-EUB-新たな発見その後・・・

2017年03月21日 08時19分58秒 | EUB奮闘記
おとといアップライトベースで新たな発見があると日記に書いた。

たしかにその時はそうだと思ったけど、、。

あれから一日経ち、次の日、またアップライトベースを練習した。

これで両手とも疲れないで弾けるかなー。と、思ったいたけど、違ったー。

なんだか重い。



やっぱり日々の楽器の練習は試行錯誤というより勘違いが生まれやすいのかもー。



と、自問自答しながら~。

昨日は、アップライトベースを練習した。



で、本日のテーマは、ずばり!右手の強化!!

自分で考える「リラックス=脱力」というも、実はすぐにはできない。
特に右手のピッキングに関しては、エレキベースとはまったく違うので一からやる必要がある。わかっちゃいるけど、、。
それで人差し指だけでピッキングする方法なんだけど、アップライトベースの場合、ウッドベースと同じ弾き方になるらしい。ところが無意識に弾くとだんだん指先だけで弾いてしまい、エレキベースに近くなってしまう。
さらに弾く位置もだんだん上に上がってしまい、、、。なんとも線の細い、普通のエレキっぽい音色になってしまう。うん、これはまずい。せっかく苦労してアップライトベース弾いているなら、エレキベースとは違う音を出したい。
つまり弾き方が似てしまうと音も似てしまう。
逆にいうとウッドベースに限りなく近い弾き方をすれば、ウッドベースに近い音が出せるのではないか?!

そんなことを考えているうちにどんどんと右手に気持ちが集中していき、気付けば2時間以上も右手だけで開放弦を弾く練習をしていたー。

ところが問題は力み。

自分でも信じられないくらい力が入っているー。(おぃ!)

リラックスはどこへ??

と、自問自答する暇もなく、、、。

とりあえず最初は力んでもいい。
必死に手を動かす練習をして、手が動くようになってから、だんだん脱力すればいいんじゃないのかー。
と、勝手に解釈!?

そんな感じで、もがくように弾く練習をしてみたけど、、。
自分が思っているほど、さほど変化はなかった。
でも各開放弦を順番に弾く練習をしたおかげで、右手の位置は少し安定してきたかも。
あと人差し指の弦に対しての角度もさらに縦になって、指の弦への引っ掛かりも少しできた。
あとは、1弦とかうまく指が引っ掛かって弾ければいいのだけど、、、うーん、これが上手くいかない。
この辺、本当に力加減が難しい、、、と。

結局、両手の力のバランスとか、力まないとか、リラックスという問題は、初心者の場合、あまり当てにならないと思ったり~。

つまり最初は、力んでもいいから一生懸命に弾く必要がある!
どんどん弾いて、どんどん練習して、両手が形を覚えればいいんだ。

ということで、練習不足が弾けない原因という。
当たり前の結果に陥ったところで、、。

また練習しよう。


にほんブログ村

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンパクトベースの弦を張り... | トップ | ベースで「きらきら星」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。