あえてありえない角度から世界をのぞいてみると・・・?
長靴をはいたネコ



歩道橋の上から3歳児を投げ落とすという凶行、しかも容疑者は障害者かも・・・って、いろいろと考えさせられる事件ですね。まずは事件の概要から。

大阪投げ落とし:歩道橋から、3歳男児重傷 41歳男逮捕
17日午後2時半ごろ、大阪府八尾市光町の近鉄八尾駅前の歩道橋で、大阪市平野区平野市町2、高須正臣さん(33)の長男、西田璃音(りおん)ちゃん(3)が、男に抱きかかえられて約6.4メートル下の車道に投げ落とされた

 ~中略~

調べでは、男は八尾市桜ケ丘1、吉岡一郎容疑者(41)。「仕事が面白くなく、ストレスがたまってむしゃくしゃしていた。気持ちがイライラしていた」と供述している。吉岡容疑者は、知的障害者が暮らす同市内のグループホームで生活し、通所授産施設で菓子を作るなどして働いていた。この日は午後1時ごろから仲間と一緒に、施設で作ったクッキーを歩道橋上で販売していた。この日は午後1時ごろから仲間と一緒に、施設で作ったクッキーを歩道橋上で販売していた。

 ~中略~

目撃者などによると、吉岡容疑者はクッキー売り場から突然、璃音ちゃんに無言で近づいて抱え上げ、走って歩道橋のさく(高さ1.15メートル)越しに投げ落とした(msnニュースより)
この容疑者が、知的障害者もしくは精神障害者であったかは定かではありません。しかし、レッサーパンダ帽事件、酒鬼薔薇事件、奈良小1女児殺害事などのように、障害の有無や年齢に関係なく恐ろしい事件が引き起こされているのは事実です。

小さな子どもを持つ親としては、あらゆる可能性を考えて、障害者だろうが、少年だろうが、健常者だろうが、近寄ってくる見知らぬ人に対しては警戒心を持たなければならないのか・・・。残念だけど。

でも、ほとんどの健常者が凶行を犯さないのと同様に、ほとんどの障害者も凶行を犯さないというのも事実。だから、今回の事件のことで「障害者=怖い」というようなイメージを持ってしまうことは、とても危険・・・。

ところで、仮にこの容疑者に障害があったとしても、それが理由となって刑期が短くなる等の減刑措置がなされることには僕は大反対。犯した犯罪にみあった適切な期間だけ刑罰を受けるべきだと思います。ただし、障害を考慮せずに健常者と同様の刑罰を科したとしても「容疑者への罰」という意味では効果があれど「容疑者の反省・更生」という意味では効果は極めて少ない思います。下手すれば、なぜ自分に刑が下されたのかが分からないまま、いまよりも考えかたが屈折して出所してくる可能性もあると思います。

発達障害者、知的障害者、精神障害者向けの刑務所や刑罰といったものも必要なのかなと思います。


容疑者が障害を持っている可能性があるために、一部の報道機関では情報規制をしているところもあるようですが、こういう事件をあまりタブー視してほしくないと思います。障害者があっても健常者と同様に犯罪を犯すことは事実です。しかし、それを厳しく罰して更生させることができる制度や施設がないのが現状です。タブー視していたのでは、このような問題を解決することはできない、と。

##
僕が知るかぎりでは、知的障害を持った仲間というのは、赤ちゃんや小さな子どもに興味をもって近寄っていくことが多いです。これは、普通の意味で「かわいいな」と思って興味をもった結果だと思うのですが、健常者のように「近寄っていったら不審者だと思われるかもしれない」といったブレーキがかからない結果だろうと。

「近寄っていったら・・・」といったような想像力の欠如が障害のひとつであるから仕方がないんだけど・・・。でも、見知らぬ障害者が自分の子どもに近づいてきたら、親としては不安になるだろうなぁ。別に、それが障害者じゃなくても見知らぬ人が近づいてきたら、普通は警戒するわな。

そんなとき、障害のある仲間に同行している健常者は、どうすればよいんでしょうか?

<関連過去記事>
自閉症裁判
 レッサーパンダ帽事件の容疑者の裁判について

<関連外部記事>
(特に「障害者の犯罪」という観点から書かれている記事)
また遠のく・・・
狂人の放免
障害者作業所勤務の男性、3歳児を歩道橋から投げ落とす
歩道橋3歳児投げ落とし事件(大阪
「仕事でストレス…」3歳児を歩道橋から投げ落とす

(20:42追加)
マスコミのバカ!
八尾市の事件について
障害者の犯罪について思うこと

(23:20追加)
「服役囚の4分の1が知的障害者」が意味するもの
大阪の事件について
知的障害者が3歳児を歩道橋から投げ捨て

ブログランキング・にほんブログ村へ

Tag : [福祉] [ノーマライゼーション]

コメント ( 4 ) | Trackback ( 8 )



« O型の人はメー... 難読漢字ラン... »
 
コメント
 
 
 
その後 (komatsuburi)
2007-01-21 12:26:08
ブログにコメントをありがとうございました。
長靴をはいたネコさんの文章を読ませて頂いて、うなづくところがたくさんありました。
日本では罪を償ったあとの社会復帰システムがなく、そのあたりのことと、今回のことは関わっているのかなとも思います。

そしていわゆる健常者という人たちにくらべ、障害者という人たちの個別性の幅というものが広いことが、問題をむずかしくしていると思います。

罪を犯したその後、罪を償ったその後、それをどうするか、ということを丁寧に考えていく必要があるといつも思っています。

*最初の投稿、途中で送信してしまいました。削除をお願いします。
 
 
 
>komatsuburiさん (長ネコ)
2007-01-21 19:05:33
>日本では罪を償ったあとの社会復帰システムがなく、
>そのあたりのことと、今回のことは関わっているのかなとも思います。
行き場所がないので、軽微な犯罪を行なって刑務所に舞い戻るというケースもあるみたいですね。特に、高齢で障害が軽度だったりする場合は。。。

難しい問題ですよね。
 
 
 
お邪魔します (コウノ1945)
2007-07-05 16:54:39
1/17の事件を調べるうち、此処に着きました又きます。ありがとうございます。
 
 
 
レス (長ネコ)
2007-07-09 20:16:41
■ コウノ1945さん
はじめまして。20回に1回ぐらいの頻度ですがこんな感じの記事も書いています。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。