気まぐれ徒然かすみ草ex

遅れて来た私  近藤かすみの短歌日記
死ぬ日まで素数のよはひ幾たびを重ねむ 額あぢさゐのつぶつぶ 

短歌人7月号 同人のうた

2017-06-28 23:14:27 | 短歌人
春を歩く歩調というものあるごとし木橋にスズメ提に人の子
(久保寛容)

足の痛くない国へ行かう 人在らねば声に出て言ひ晴ればれとせり
(酒井佑子)

身籠ると身罷るどれも火を纏い見えぬところも焼き尽くしゆく
(鶴田伊津)

なだり濃き夕闇降ればふうはりと灯るごとくにひとつ傘ゆく
(大谷雅彦)

長谷寺の庭にくれなゐの牡丹(ぼうたん)の咲き盛りをりなまぐさきまで
(小島熱子)

夜の蜂蜜しよくたくのうへのつぼにあり甘をかかへて踞りゐる
(花笠海月)

アイリスのアイのかなしさ美しさすっくと立ちたる茎五、六本
(小林登美子)

病院を出でて大きな街角を曲がればいちめん葉桜の街
(関谷啓子)

絶え間なく散りゆく花と結社誌の我が我がに疲れてしまふ
(倉益敬)

ふりこぼす水乾きゆくときの間をすり抜けてゆく今といふ過去
(高田流子)

***********************************

短歌人7月号、同人1欄より。

図書館に本を返しに行くあひだ春風に捲られてゐたシーツ
(近藤かすみ)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岸 岩尾淳子  | トップ | 短歌人7月号 同人のうた ... »
最近の画像もっと見る

短歌人」カテゴリの最新記事