気まぐれ徒然かすみ草

近藤かすみ…遅れてきた私
著作権は近藤に帰属します
白日傘さして私を捨てにゆく とつぴんぱらりと雲ケ畑まで

短歌バトン

2005-07-15 02:06:50 | つれづれ
高澤志帆さんから「短歌バトン」が回ってきました。

■質問
□ 短歌を始めたきっかけを教えてください。

京都精華大学で、短歌講座があり、岡井隆氏が講師だったこと。
同年代MLで、俳句をやる人がいたこと。

□ 好きな歌人がいれば教えてください。

小池光 香川ヒサ 奥村晃作

□ あなたの好きな短歌を3首挙げてください。

おいとまをいただきますと戸をしめて出てゆくやうにゆかぬなり生は(斎藤史)
倚りかかつていいのぢやないのこのベンチ不都合な事は一つづつ終る(若林のぶ)
あほらしうなつたるわれはずつたんぼ、ずつたんぼ、と挽肉こねつ(多田零)

□ あなたにとって短歌とはなんですか?

読んで「腑に落ちる」快感を味わいたい。出来れば味わって欲しい。
短歌のおかげで、もうひとりの私を手に入れました。

□ バトンを渡す3人の歌人。

久保寛容さん 吉岡生夫さん 吉浦玲子さん
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜜入りりんご | トップ | 題詠マラソン2005(16... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
近藤さん、こんばんは。 (寺川育世)
2005-07-15 20:30:07
近藤かすみさん、昨日の心の花京都歌会はおつかれさまでした。短い時間でしたが、お話できてとても嬉しかったです。



私も、近藤さんの挙げられた斉藤史の「おいとまを・・・」の歌が好きなんですが、若林のぶさん、多田零さんのお歌も会話体の軽妙さが面白く、面白いだけでなく歌の後ろに「真実」が息を詰めて座ってるような不思議な味わいを感じます。また、



> 短歌のおかげで、もうひとりの私を手に入れました。



近藤さんの思いに大いに共感いたしました。短歌は魔法だ、と思うときがしばしばあるので・・・



来月もぜひ歌会にお越しください。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

寺川さん ありがとう (かすみ)
2005-07-15 22:06:21
寺川さん きのうはありがとうございました。

ネットで知っているので、初めて会っても「よく知っている」感じでおしゃべりしてしまいました。心の花の歌会は、いつも出席している短歌人関西歌会とまた違った面白さがありました。あのあと二次会にまでお誘い頂いて、ついて行きました。短歌という共通の話題があると、話しは盛り上がります。またよろしくお願いします。
明日回しますね (吉浦玲子)
2005-07-15 23:18:58
近藤さん、こんばんは。

吉浦です。

バトン、受け取りました。

好きな三首は少し考えてから書きたいので、明日くらいに回します~
いつでもどうぞ (かすみ)
2005-07-16 11:32:11
吉浦さん こんにちは。3首選ぶというのは、けっこうむつかしいですね。私はあわて者なので、勢いで選びました。いつでもどうぞ。
しまった・・・ (吉浦玲子)
2005-07-16 15:20:38
近藤さん



 短歌バトン、回させていただきました。結局、私も勢いで選んでしまいました(^^ゞ

 しかも、近藤さんの回答をみてから書いたつもりなのに、私も、吉岡さんにまわしてしまいました~。なんでまぬけなんでしょう。すみません。(困るのは吉岡さんですね・・)
わぁ (多田 零)
2005-07-16 15:22:49
こんにちは。



好きな短歌のところに入れていただいてありがとうございます。



短歌バトン、吉浦さんから回ってきました。

ゆっくり考えて書きまーす。
TBさせていただきました (謎野)
2005-07-16 15:50:11
近藤さん

ご無沙汰しています。

ぼくごときにも短歌バトンが渡ってきたので、TBさせていただきました。
ちょっと立ちどまって (かすみ)
2005-07-16 23:14:39
吉浦さん 多田さん 謎野さん こんばんは。

バトンがくるくる回っています。私の目もまわっています。ちょっと立ち止まって短歌について考えてみたり、ほかの方の思いを知るきっかけになりました。

これからも、どうぞよろしく。

ありがとうございました (高澤志帆)
2005-07-17 03:46:21
バトンを受け取っていただいてありがとうございました。若林さんがお知りになったら、喜ばれるだろうなぁ
きっと長野で (かすみ)
2005-07-17 12:26:37
高澤さん こんにちは。

若林さんは、きっと長野の大会に来られますよ。みなさんとお会いできるのがとっても楽しみです。

あわせて読む