図鑑:花 鳥 風 月

田舎道歩いてるとなんかいいことあります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

the entire world as a foreign land

2006-06-15 | 



 故郷を甘美に思う者はまだ嘴の黄色い未熟者である。
あらゆる場所を故郷と感じられる者は、すでにかなりの力をたくわえた者である。
だが、全世界を異郷と思う者こそ、完璧な人間である。




The man who finds his homeland sweet is still a tender beginner;
he to whom every soil is as his native one is already strong;
but he is perfect to whom the entire world is as a foreign land.


Hugo
cited in Said, Orientalism
池澤夏樹「異国の客」043より玄孫引き






なんと美しい章句ではないか。




池澤さんの言葉に

心から そう思った





常夏の国に

移り住む決意を固めて

帰国したあのとき

5月の淡い新緑は優しすぎたのだ



風にそよぎ

陽を照り返しながら

伸びてゆく無数の若葉



巡る春を目の前にして

くずおれないためには

この言葉が必要だったのだ

「全世界を異郷と思う者」!





私に できるだろうか





あるとき 

空を見ながら 

思った




青く染まる天空

雲の端を照らす光

茜さす日の終わり



故郷も 空の下にあるではないか

その故郷も かつて異郷だったではないか

すべてを 元に戻せばいい







花と鳥と風と月

すべての生きるものに

私はこれからも会いに行く

そう 時間は いくらでもある

全世界は 

幸多き旅人をもてなす

優しい異郷へとうつる















流れ者計画 始動です
まずは北アルプスを望む信州へ
そして秋には Asia へと旅立つ予定です
Asiaでの基地は,海野和男さんが今年の春に訪れた国
もう 生きものマニアにとっては聖地のような場所ですよ 

というわけで 
本日を持ちまして
図鑑:花鳥風月は終了いたします

見に来てくださっていた方々 どうもありがとう
またどこかで お会いしましょう

それでは 行ってきます


cacho






BGM

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加