趣味の空間 

初心者のパソコン改造の奮闘記

ミニ四駆サスペンション改造55

2016年10月16日 | ミニ四駆

あ~!今日がジャパンカップチャンピオン決定性だったのですね~

youtubeのLIVE映像で、気づいた時には表彰式でした

改めまして、

ミニ四駆ライフ楽しんでいますでしょうか~。皆さんコンニチワ~

だいぶ過ごしやすい気温になってまいりました。通り越してちょっと寒いときも

では続きを。いや~追伸コメントまでありがとうございます!さすが先輩w

考えてたこと突っ込まれましたーw

そうそう。そうなんです。真鍮をアルミスペーサーと圧着してみたら、アルミスペーサーの穴がちょいずれてたのもありますが、ぐにゃっといびつな感じで

圧着されてしまい、、、w一緒にやるのはうまくいかない気がしてたんですよ。一応六角シャフトは引っかかるようになったのですが、これは真鍮だけかしめたほうがいいかなーと

思っていた矢先、先輩のアドバイス入りましたw

カシメかたなのですが、

これの一番手前の刃だけを使いかしめます。

これは真鍮をすでに接着したやつですが、

こんな感じで端から0.5mmを狙って1回目のカシメ。慎重に軽くかしめて、外して偏りがないように、スペーサーを回転させて

もう一度この状態に戻して、何回かゆっくりかしめていきます。それを2本作るわけです。2本目の線は端から1.5mmあたりを狙います。

これはカシメ線1本の状態です。

反対側のドックボーンが出るところは、

このように3角形のダイヤモンドやすりでけずります。

このスペーサーは横穴が3.2mm 2.3mmのタイプですが、

この時はまだ先輩アドバイス反映されていません。

でこれが、真鍮だけをカシメた画像です。帽子型の真鍮スペーサーをカットして使っています。2~3mmの長さが確保できればOKです。

真鍮は厚みが薄いのでアルミスペーサーをかしめるよりも全然力をいれないでカシメることが出来ました。

6mmタイプのアルミスペーサーが切れてしまいましたので、12mmのスペーサーを半分にカットして使いました。

3mmで一気に穴をあけてそれから半分にして使おうかなーと。

だがしかし、やっぱりちょっとずれちゃったwww

微妙ですねーw

手前の方は曲がっていないのですが、12mmの長さになると反対側のお尻のほうが曲がってしまったんですね。

使えそうな手前半分6mmの長さに切ったスペーサーです。

横穴3.2mm 2.3mmタイプと横穴0.8mmタイプを並べてみました。

これもドックボーン側は三角形のやすりで削ります。

0.8mmの穴の位置からだいぶ距離がありますので、鉄やすりで削りました。

そうするとこのように、だいぶ短くなりました。出来るだけ横穴の位置にスペーサーの端が近い方がドックボーンの可動域の角度を確保できます。

並べてみたのですが、右側。この時まだ3mmの穴をあけていなくて、2.8mmの穴の状態です。左側は3mmで空いています。

なんで右側3.0mmで空いてないかというと、あけたつもりになってたんですね。3mmであけるの忘れてました

なので、真鍮パイプが入らなーーいwこの時気づいて後から3.0mm貫通させました。

画像はないのですが、試して見ましたよーモーターの部品0.8mmピン!

可動域も遜色なく、しかもドックボーンを手で回してみたところ、1.4mmシャフトをつかったドックボーンタイプ(アルミスペーサー横穴3.2mm 2.3mmタイプ)よりも

スムーズに!←先輩のおっしゃる通りでしたwたしかにスムーーーーズだーーーw

よく見ると真鍮が左から飛び出ていますが、中のドックボーンに引っかからないように1mmくらい出して接着しようかと考えています。

注意なのですが、真鍮の穴の中に接着剤はいっちゃうと、6角シャフトが入らなくなります。

なので、次回接着の仕方の研究結果をご報告するとともに、ユニバーサルを完成させて、実験してみたいと思います。

ボール盤は使用していないのですが、このようなパワーのあるホームドライバーを使用していたのを忘れていました。

ドックボーンの1.3mmの穴はリューターで空くのですが、アルミスペーサーの3mmの穴はこのようなドライバーが必要です。

リューターであけれる穴は頑張って2mmまでかと思います。

 

最後に、ユニバーサルジョイントは、外れない、スムーズに動くのが特徴かと思いますので、このモーターの0.8mmピンを採用しようかと思います。

そして、ギヤ側のカップジョイントはユニバーサルじゃなくて、前回までで作成した

これですね。ギヤ側だけこれを使用して、

そうです、R/Cカート同じようなジョイントにしていこうかと思っています。

ユニバーサルはタイヤ側、カップジョイントはギヤ側(R/Cカーで言うところのデフカップジョイント)ですね!

いつもありがとうございます。いいジョイントが出来そうですね~!

頑張ろう~!ではでは~

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニ四駆サスペンション改造54 | トップ | ミニ四駆サスペンション改造56 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (直樹釣道)
2016-10-16 22:41:55
真鍮を少し出すのは正解です。
理由はタイヤ側に仕込んである520ベアリングに当たる面がベアリングスペーサーと同じ効果があるためタイヤが回るようになりますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL