Casta Diva’s Diary

オペラ&ミュージカル大好きお台場ウオッチャーのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫アレルギー

2008年03月17日 | 猫(うりぼう&Mango)
昨日の朝、主人が「目が腫れてる~!」と大騒ぎして起きてきました。確かに、右目が開かないくらい瞼の上も下も腫れています。

「ものもらいかなあ」ととりあえずは抗菌点眼薬を注入。鏡を見て「なんか、白眼がぶよぶよになっている~」とまた大騒ぎ。土日診療している大学病院の眼科に電話で問い合わせをしたところ、状況から察するに「アレルギー反応では」との回答。

実は、その日の朝、普段は主人になつかないうりぼう(♂)がベッドの上で主人の布団をふみふみしていたらしいのです。「めずらしいこともあるな」と主人が目をあけたとたん、主人の顔をくんくんとかいで、クシュッとくしゃみをしたんだとか。鼻水が顔にかかったので、眼の中にも入った可能性が高く、それが原因と推定されました。

実は主人は私以上に猫好きなのに猫アレルギー体質。「なーんだ、ヘンな病気でなくてよかったね~」「それにしても、腫れたね~」「あなたがうりぼうをウチで飼うって決めたんだもん、仕方ないよね~」と一件落着(?)

そして、再びアレルゲンを撒き散らさぬよう、うりぼうは強制入浴させられたのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しゃべれども しゃべれども

2008年03月14日 | Opera&Musical
先週末、風邪を引いてしまい、外出もできなさそうだったので、前から気になっていた標題のDVDを借りてみました。
数年前は「タイガー&ドラゴン」、今はNHKの「ちりとてちん」にはまっている私としては、同じく落語ものでとっても楽しめました。ちりとてちんは上方(関西)落語なのに対して、しゃべれどもは江戸の落語で、またその違いも楽しく。

落語は「まんじゅうこわい」と「火焔太鼓」がよくでてきて、いろいろな俳優さんが演じるのを比較するのも面白い。

東京の下町の様子がとても美しく、映画ならでは。東京育ちではないけれど郷愁をさそう映像で心癒されます。

国分太一くんや香里菜もいいけれど、関西から引っ越してきて「まんじゅうこわい」をマスターしちゃった小学生役の男の子の演技と落語が抜群!

タイガーほどテンションは高くなく、癒し系作品としてお勧めです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カプチーノ

2008年02月25日 | 表参道
今日は表参道駅真上の1Fイタリアン・カフェでランチ。食後のドリンクでカプチーノを頼んだら、あら、かわいい!!飲み物一杯でお客様をちょっと楽しい気分にする・・・良いお店だなあと思いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「スキーがんばる年」その2

2008年02月17日 | Ski
この前の3連休に有給休暇を1日プラスして、今シーズン3度目の雫石です。今回は快晴に恵まれ、岩手山がとってもきれいに見えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪のお台場

2008年02月03日 | お台場
今朝、目がさめたら窓の外で雪がひらひら舞っていました。そして海浜公園の砂浜もデックス東京ビーチのデッキもうっすらと積もった雪で真っ白に。
とっても静かで美しい景色です。
午後からは雨に変わり、ほとんど溶けてしまったので、写真の景色は午前中のほんの数時間の貴重な写真です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

季節労働

2008年01月24日 | コンサルティングのお仕事
コンサルタントを何年もやっていると、本当にコンサル職って季節労働者だなあ・・・と実感します。年末はものすごーくヒマ(!)だったのに、1月に入ると各社予算の立案が始まるため日々引き合いや問い合わせが舞い込んできます。複数の仕事が並行で走るのは慣れていますが、5件を超えるとだんだん何がなんだかわからなくなってきます。誰かから話かけられても即座にどの案件のことかわからず・・・もともと弱いですが特に最近、脳力の衰えを感じます(涙)

誰でもそうかもしれませんが、私はヒマすぎるよりは忙しすぎる方が元気になるほうなので、今年1年の種まき活動を頑張りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気合いで回復

2008年01月16日 | コンサルティングのお仕事
今日は朝から胃腸の調子が悪く熱もあって起き上がることができませんでした。アポイントが夕方から1つあったのですが、私はパスさせてもらい、同僚一人で行ってもらうことに。(申し訳ない・・・)

1日寝れば直るかと、水分補給だけしてあとはひたすら寝ていましたが、ますます熱が高くなるばかり・・・。近くの病院は定休日だし、電車に乗って病院にいく気力もないし・・・。でもこんなときに限って、絶対に休めない仕事が待っていたりするのです。

明日からとってもハードなアセスメントの仕事があるので、なんとか治さねば!と解熱剤や胃腸薬などを組み合わせて服用し、「気合い」で前泊地まで1時間半の移動をなんとかこなしました。

今朝から何ものどを通らずなのですが、不思議なことに全くおなかもすきません。念のため、移動の途中でアメやポカリスエット、カロリーメイトなど買って、エネルギー補給準備も万端。

「治さなきゃ!」「しゃきっとしなきゃ!」という気持ちと薬の相乗効果か、ちょっと回復してきたみたいです。週末までの怒涛の2日間を気合でなんとか乗り切るつもりです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

目標ってやっぱり大切

2008年01月15日 | Ski
「スキーがんばる年」の最初の三連休は、もちろんスキー。今回はショートターンを集中的に練習するクラスに入って、ぴょんぴょん小回り。氷点下3~15度の世界で汗をかいてきました。

さて、今回驚いたのは、スキーレッスンの受講者の年齢層。私のクラスは、中級者対象でパラレルくらいはできる層なのですが、70代1名、60代1名、50代3名、40代1名、30代1名、20代1名。私が「若い人」と呼ばれていました(笑)

もっと驚いたことは、シニアな方々の元気なこと!!私よりもよほど気力・体力があるのです。新雪の急斜面を登ったり、ジャンプしたり・・・時間とお金もあるので、海外ゲレンデ含めて今シーズンの滑走日数が40日を越える人もいますし、昨年からスキーを始めて今年中に1級を取る!と頑張っている方もいます・・・おそるべしシニア・スキーヤー。

老若男女関わらずレッスン受講者を分類すると以下3グループに大別されるように思いました。

1.自分なりの明確な目標(何を、いつまでに、どのレベルまで)を持って邁進している人
2.目標は明確ではないけれど「少しでもうまくなりたい」という気持ちを持っている人
3.ほかにやることがなくて(あるいは家族や友達に付き合って)レッスンを受けている人

実年齢や見た目、スキー技術レベルに関係なく、やっぱり1の人は輝いていて素敵、そして若く見えます。2の人も素敵だけれど、1の人は特有のエネルギーを発しているように思えます。目標が明確だとそれに向かうパワーが出てくるのでしょうか。

年齢を重ねると「いまさら・・・」という諦めがどんどん強くなってくるのが自然なのかもしれませんが、だからこそ意識的に自分なりのチャレンジ目標を持つことが大切なんだと感じました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

純豆腐チゲ

2008年01月10日 | 表参道
いつ行ってもランチタイムは大行列ができていてなかなか入れないお店に、昨日はすんなり入ることができました。ラッキー!

表参道の東京純豆腐(青山店)の純豆腐チゲは体があたたまって、この季節には最高。いろんな同僚と行きますが、皆「おいしい!」とえびす顔。辛ウマ系です。

ランチメニューはチゲのセットのみで、スープ(塩/味噌)、具材(豚、牛、あさり以外に野菜や明太子、チーズなど)、辛さ度合い(マイルド/ホット/ベリーホット/・・・)などを好みに合わせてチョイスすることができます。
私はいつも定番のあさりや豚の味噌べース(900円)をチョイス。写真は豚のチゲ(ホット)です。見た目は真っ赤で辛そうだけど、あくまでも辛ウマ系。魚介や豚のダシがしっかり効いていました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フミフミ中の写真

2008年01月09日 | 猫(うりぼう&Mango)
マンゴーがフミフミしているところです。うりぼうは今や6.7Kgの巨大猫ですが、この写真のときもすでに6kgを超えていて、おっぱいをあげる姿は猫というよりホルスタイン。うりぼうは♂なんだけどなあ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加