我が家の青空(My Blue Heaven)

スージィーとロバート、キャッシュとバンクの
2人と2匹の我が家のディリー・ライフ。

「思いあれば、必ず会える」

2016年12月28日 | 日記

「美しい曲」のテーマで選曲した、
ジミー・ウェッブが作曲し、
リンダ・ロンシュタッドが歌う
「Shattered」を昨夜は聴いた。

ずっと前に、
同じくジミー・ウェッブが作曲し、
彼女が歌う「Adios」を、
我が日記でアップしたが、

「美しい」というのなら
「Shattered」と双璧のこの曲を
もう一度、聴きたくて、

ジミー・ウェッブのCDを
引っ張り出したら、彼自身が
この曲を歌っていることに気付いた。


このCDを買って、もう、何年も
経っているというのに、
この曲が収録されていることを

聴き落としたのか、はたまた、
亡失してしまっていたのか、

今にして思えば全く記憶がない・・

とかく、コレクターというのは
浮気者である。

一度聴いて、気に入らなければ、
知らん顔だ。

しかし、昨夜
自分自身が書いた日記に、
勝手に心が騒いだのを契機に、

この曲と、再び、
出会うことができる。


それが無性に嬉しくて
この曲をYouTubeで探しだし、
休むつもりでいた日記で、
あらためて、聴くことにした。

それは、

六十五の親父の心のどこかに、
この曲の男の子と同じ思いが
あるから。


 

僕たちが見た
終わりの無い夏の夢は 

少し大きすぎたんだと想う 

さようなら(幸せにね)

幸せにね (さようなら)

幸せにね 


あの血のように
赤い夕陽を見られなくなるのは
寂しい 

でも 
君に会えないことが
もっと寂しいよ 


さようなら(幸せにね)

幸せにね (さようなら)

幸せにね 

カリフォルニアの17歳の男の子が
恋に別れを告げる歌

ジミー・ウェッブ:作・唄

「Adios」

Adios  Jimmy Webb

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「続:一つまみの回顧録」 | トップ | 「名残り」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL