我が家の青空(My Blue Heaven)

スージィーとロバート、キャッシュとバンクの
2人と2匹の我が家のディリー・ライフ。

「晩秋の愉しみ方」

2016年11月07日 | 日記

喜ばしいことに週に5日ほど、
無理をせずに走ることが、
すっかり生活のリズムとして
定着した。

しかし、今日は足に張りがあり、
無理せず走らず、代わりに
あるものを買いに走ったのだが、

さて、あるものとは? 


昨年の10月こと、
こじらせた風邪を
再発させるのが怖くて、

続けていたジョギングを
休止したのに端を発し、

翌年の暖かくなるまでの休止期間は、
思いもかけず長期化してしまうことに・・


これは今年に限ったことではなく、
毎年のように通例となっている。


健康のための
春日公園詣(もう)では、
足首のストレッチと
ウォーミング・アップを兼ねて、

我が家(あるいは南福岡駅)から、
約2kmを歩いて到着する。

公園で5㎞を走り終えたら、
更に走る余裕もなく、
2㎞を歩いて家路へと就くのだが、

さて、これが問題。


ここに例年の如く、
晩秋から冬季にかけて、
ジョギングを休止せざるを得ない
理由がある。


走れば当然、汗をかく。

家路に辿りにつく頃は決まって、
間もなく19時の少し前。

既に陽も落ち、
暗いのは当たり前。
何よりも寒いし、風もある。

身体を包む、
汗に濡れた衣類が次第に
冷たくなる。

「行きは良い良い、帰りは怖い」。


これでは風邪をひく為に、
走るようなもの。

走る目的は「健康」で、
「病人」になることではない筈。


しかし、今年は違う。
あるものを今日、買いに走った。


されど、我が家には
無駄遣いに使う金はなく、

目的があって使ったお金は、
目的を完遂(かんすい)してこそ
活かされる。


あるものとは、

上下セットのジョギング用の
「ウインド・ブレーカー」。

買った以上は、
タンスの肥やしには絶対にしない。


風邪(寒さ)如きで、
せっかくの生活のリズムを
壊すなんぞ、以(もっ)ての外。


継続は力なり」

努力を続けることは
良いことである。


明日からは、

「行きも良い良い、帰りも良い」

なのである。

これで、晩秋を愉しめること、

間違いなし。



音楽で
リズムをキープ(継続)するというのに
「ファンク」がある。

今夜はそのファンクの
「H
appy」
唄は、ファレル・ウィリアムス。

 

Pharrell Williams
 Happy (Official

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「秋の稼ぎ方」 | トップ | 「親父、憂鬱」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL