サボテンの林から

勉学に励むメキシコでの日々ですが、ラパスの乾燥した気候で心がパサパサにならないよう少しは楽しんでます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どものスペイン語

2017-05-26 09:12:14 | 日記
日本の小学校は4月入学ですが、メキシコは8月です。
4月末にメキシコに来て、ぼーっとしていたら、なんと、つよしの小学校は公立ですが7月にクラス分けの試験があることが判明。
テストの内容は、アルファベットもあるらしい・・・。

子どもは日本ではひらがな、カタカナが書けるようになって、幼稚園でちょっと英語のアルファベットも習っていたので
スペイン語を加えると3か国語目。
初日でスペイン語と英語のアルファベットの読み方の違いに躓く。
躓いたどころではなく、大きな拒否反応を示し、頭に入れようとしなくなってしまった。

このままじゃいつまでたっても覚えられない!というか、勉強なんてできる雰囲気じゃなかったので、アルファベットでビンゴゲームを作った。
しかもコインの賞金付き。
3日くらい続けて、コインの賞金の魅力もなくなり、ビンゴもやらなくなり、リフレッシュもかねて1日放置。
でも、2日目にアルファベットの表を見せて読むように行ったら、読めなかった文字も突然読めるようになっていた。
まだまだ不安な文字はたくさんあって、特に発音が全然違うF、G、M、Rは全然読めませんが・・・。
子どもってすごいな~と思う瞬間でした。

次は絵とアルファベットの神経衰弱のカードでも作ろうと思っています。
教材作り頑張るぞ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サボテンの国に帰りました | トップ | さぼてん一家のカボ滞在 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。