京都健康コンシェルジュ通信

京都に生まれ京都で育った健康コンシェルジュ、少食アドバイザー三双としろうのブログ

【被災された方々のその後をご存じないあなたへ】

2016-11-08 09:16:08 | 鳥取、島根、熊本、大分、岩手、北海道
おはようございます



京都市伏見区の
ひとり暮らし向け
マンションの大家の
三双(さんそう)です



地震や台風で
被災された世界中のみなさま
心よりお見舞い申し上げます



先日のニュースから

鳥取県中部で最大震度6弱を観測した地震の発生から2週間余り。倉吉市では133人、北栄町では18人の計151人(4日現在)が、避難所での生活を続けている。市は避難者への市営住宅の確保や民間アパートの借り上げを急ぐが、顔見知りの人がいる避難所を離れ、自宅から遠い市営住宅などに移る不安もあり、現在でも多くの避難者が身を寄せたまま。避難所が解消できるめどは立っていない。

避難所は県中部の1市4町全てに開設されたが、琴浦、湯梨浜の両町は10月中、三朝町は3日に閉鎖した。倉吉市でも、避難者数は日に日に減ってきてはいるが、まだ100人を超える人が避難生活を送る。

市が避難者を対象にした聞き取り調査で、避難の理由として最も多かった回答は「余震への不安」(71・9%)。さらに「自宅に被害がある」(64・7%)、「自宅の中が散乱し、住める状況でない」(16・5%)などと続いた。


なぜわたしが関係なさそうな
話題を書いているかですが
同じ国で困っておられる方々が
おられるという現実を忘れない
ようにしたかったからです


被災された方々が
一日も早く安心して
暮らせることを願ってます


最後までお読みいただき
ありがとうございました
ひとり暮らしをたのしく快適に



京都市伏見区西尼崎町894-2
カーサ・デ・伏見
casadefushimi@gmail.com
#鳥取 #地震
Yahoo!プロモーション広告で実現できる




圧倒的なクリック数と抜群の費用対効果!
mm


l
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【秋の黒谷を散策したいあな... | トップ | 【予防なんてまだまだと思っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鳥取、島根、熊本、大分、岩手、北海道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。