京都健康コンシェルジュ通信

京都に生まれ京都で育った健康コンシェルジュ、少食アドバイザー三双としろうのブログ

【健康コンシェルジュ 食べない人を見て病氣そうとお思いのあなたへ】

2017-07-17 11:58:08 | 健康
おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

一日一食してわかったこと

一食なんて自分にできるのかとする前は思ってましたけど、一食減らすことからやってみると意外とできてしまいました。

それどころか、体重がみるみる減り、ズボンがゆるゆるになるのをなんどもくりかえしてました。そんな経験はほとんどしたことがなかったのでうれしかったことを憶えてます。

それならもう一食やめてもおもしろいかも、と思い結局一食にしました。

それでもカラダはなんともないんです。

いろんな本を読んでみると、食べなければ自己免疫力が上がっていき、それにつれて代謝力もアップしていくと書いてありました。

それとやってみて思ったのが食べることに執着しなくなったこと。今の世の中は、本やテレビ、インターネットでも食についての記事しか人を呼ぶことができないのか?と思わせるくらい食についての記事が多く食べることが当たり前のようになっていますが、食べることにこだわらなければこれほどいままでがどれくらい食にしばられていたのか、自分で縛りつけていたんでしょう。

極端な話、無理して食べる必要がないと思えるようにお腹をすかせることは最初はなれないかもしれませんが、やり始めてみるとその空腹感もカラダにとっては大事なことがわかるようになりました。

最近のエピソードですが、最近胃ガンになり手術された方から、一日一食しか食べない君を見てるとだいじょうぶかなと心配してしまうよ、と言われました。なんかおかしな世の中なんですね。胃ガンになられた方から心配していただくとは。それだけ食べないと調子崩すよ、とかヘタしたら死んでしまうよという教えが定着してるんでしょうね。明らかに食べすぎと外見から見えるような方から辛抱しないといけないと言われても。

辛抱できないから食べるんですから。

一日一食にしてわかったことは世の中のほとんどの方が食べることは当たり前と思っていることと、食べすぎなくても生きていけるということがわかったことでした。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【復興ノート】 | トップ | 【京都を旅しよう 京の夏の旅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。