京都健康コンシェルジュ通信

京都に生まれ京都で育った健康コンシェルジュ、少食アドバイザー三双としろうのブログ

【健康コンシェルジュ 発熱や炎症を病氣と思っているあなたへ】

2017-05-17 08:47:06 | 健康
おはようございます


あなたのしあわせな健康ライフを応援します
食生活改善アドバイザー
【 三双(さんそう) 敏郎】です

ご覧いただきありがとうございます。

炎症や発熱は老廃物を処理する作用

今の医学では、病原菌の症状を取り除くことを主としています。

肺炎などの炎症性疾患はばい菌が原因なので、そのばい菌を殺すための抗生物質を開発しますが、その抗生物質に耐性のばい菌が出現すると、また別の抗生物質を開発が必要になり、難治の肺炎などを引き起こす院内感染が問題化しています。

本来の医学とは症状を取り除くことではなく、原因を取り除くことだと考えます。

ばい菌は本来汚いところにしか生息せず、地球上の不要物、死物、余剰物を分解して土に戻すことが仕事です。

ばい菌が体内に侵入して肺炎などの炎症を起こるのは、体内に老廃物が溜まって汚れているからにすぎず、炎症の本当の原因はばい菌でなく、血液の汚れなのです。

そして炎症や発熱は体内の老廃物を燃やしている状態で、発熱すると食欲がなくなるのは、血液を汚す最大の原因である食べすぎをストップさせているからです。

少食は健康になるのと同時に、本来の人間の機能をとりもどします。

少食は代謝力を上げる原動力です。
空腹力
http://amzn.to/2jJaVQC

少食を生活の基準にすると今よりも
免疫力や代謝力を促進し、健康体を
作り、病氣にもなりにくい
カラダになります


少食を実践されることをオススメします


本日もご覧いただき
ありがとうございました

tsansojpn@gmail.com
食生活改善アドバイザー
三双(さんそう) 敏郎


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【復興ノート 復興パン出まし... | トップ | 【京都催事帳 相国寺春の特別... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。