老いのひまつぶし

東海地方に在住の70歳代後半の男です。
日常の喜怒哀楽を綴って行きます。時には老いの恋話も出来たらいいなぁ。

金婚式

2017-03-06 14:02:23 | 日記
私達夫婦は今月の3日(雛まつり)で結婚50周年を無事に迎える事が出来ました。

記念の旅行として伊豆稲取温泉へ出掛けました。新婚旅行は奈良と和歌山の勝浦温泉でしたが再度の旅行にはしませんでした。
折角の記念旅行なので、宿泊先を旅館おもてなしランキング2位の稲取銀水荘を選びました。
熱海駅から普通電車で伊豆稲取まで約1時間。沿線にははや桜が咲いておりました。

稲取駅に正午過ぎに到着、まだ時間があるので申込み時に頂いたわくわくチケットを利用して、伊豆アニマルキングダム(小動物園)へ。
水族館はちょこちょこ行くのですが、何10年振りかの動物園でした。ここの売りであるホワイトタイガーを見てきました。

稲取駅まで戻り旅館の送迎バスで銀水荘に15時にチェックイン。お部屋は5階でした。
この日はお天気も好くホテル前の海の波が太陽に反射して眩しいくらいです。視界が広く気持ちが良い。
抹茶とお茶請けを頂いてのんびりなひととき。

一服後にお風呂へ、こんなに早い時間に入浴なんて贅沢。大きな浴槽なのに入浴客は数名、海岸間近の露天風呂も開放感全開。
入浴後には休み処で冷えた煎茶とサクラ餅を頂きました。

部屋に戻って夕食まで妻と雑談。新婚時代は母が同居でしたので世間で言う甘い新婚生活は無かった事。
二人の子育てや長女が小学高学年になり、二人の子供を母に託して自分は勤めに出て居た事を振り返って話しました。
今はその母もあの世に送り出し二人の娘もそれぞれに家庭を持ち、こうして自分達だけの気儘な生活が出来るのもあの時の苦労があったからこそと。

夕食は6時にお部屋で用意して下さいました。伊豆特産の金目鯛のお刺身や煮付け、鮑の踊り焼きとその他料理長さんの手の込んだお料理が満載です。
そしてお膳には”祝金婚式”と書かれた末広が飾り立ててありました。嬉しい心遣いです。
珍しい食材と美味しいお料理に箸が進みお腹が一杯。〆のお雑炊は申し訳ないが辞退させてもらいました。

夜8時30分に雛祭りの花火が旅館の前で打ち上げられました。今日だけの催しだそうです、部屋からの花火見物なので寒くも無く楽ちんでした。
一夜ゆっくり寝て朝風呂へ、風呂上がりに今度はお味噌汁の接待がありました。
朝食もやはりお部屋で頂きました。最近はどこも朝食はバイキングが多いのですが・・・。

朝食後、1階のロビーに飾ってあった旧家の由緒ある七段飾りのお雛様とつるし雛の前で、夫婦揃って写真に納まりました。
娘達2家族のお土産に金目鯛の煮付けと他に2・3点買い求めて宿を出ました。

途中の熱海ではMOA美術館で展示作品を見て、この旅行は無事終了でした。
結婚生活50年の辛かった事・嫌な事を稲取温泉のお湯で流し去り、美味しい料理を頂いて元気を貰い、これからの老後生活をお互いが心豊かに過ごすスタートの旅でした。

そして、妻へは金婚式記念品に少し高価な腕時計を贈り、この旅行中も腕に付けて居ました。


『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の露天風呂 | トップ | パターゴルフ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとう🎉 (kitagawa)
2017-03-07 23:12:27
金婚式おめでとうございます。
記念旅行で楽しい時間をお過ごしで良
かった。
円満なお人柄がこの日を迎えられました。そう思います。💐💐💐💐💐💐💐💐
ますます、お幸せに💕💕💕😊😊
コメントありがとう。 (弘志)
2017-03-09 09:11:14
夫婦にとって節目の記念日にゆったりした旅行が出来て全てに感謝でした。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。