LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:車もログブックも更新

2016-10-08 | Flight Log (機長)

曇り空の朝。深夜から早朝は霧が入ってきていて、ceiling 200ft台なんて感じだったとおもう。そんな低い霧も海岸線まで下がり、VFRで離陸できる。機体カバーを外し、プリフライト終了。いつものように、機体カバーを車の荷台に積み込む。ふと思えば、いつも空港に乗り付けてきた愛車レンジローバーと愛機ボナンザの2ショットも、今回で最後となる。今度から電気自動車だ。

そうこうしていると、Citation CJ2とチャレンジャーが離陸。ところが、チャレンジャーがAborting Take Off、いきなり轟音とともにリバースがかかり、フルブレーキしていた。何が起こったのか?わからないが、動画を撮っておけばよかった。5000ftと比較的短い滑走路のサンタモニカ空港で、チャレンジャークラスの中型ビジネスジェットがフルブレーキをかけると迫力がある。

こちらは無事にランナップを終えて離陸。Ceiling 2000-3000ft、Left downwind departureを選択。Special Flight Ruleは無理。離陸すると、低い雲は4-500ftに広がっていた。NextRadレーダー画像を見ながら、VFR進路を探る。とりあえず1700ftくらいでレベルオフ。すると、外気温が90度F。地上は67-68度だったのに、すごいinversionだ。ダウンタウン横を抜け、南下してロングビーチ管制塔を呼ぶ。ここで激しくダサいミス。サンタモニカ管制塔を呼んでいた。Comm2のままだった。。。サンタモニカに指摘され、すぐにComm1 ロングビーチに変換。Follow Fwy605 South bound, Rwy25Lと管制官。霧ともモヤともいえない空につつまれたロングビーチ。Fwy605の上を飛び、Right baseから管制塔を呼ぶ。Cessna Caravanがファイナルターンをしているところで、それに続いて着陸。かなりの横風で、ちょっと緊張しながらの着陸を強いられるほど。フルラダーを使った。windsockは真横を向いてピン!とはっていた。横風成分で10ktはあったとおもう。Vtail、本当に横風に弱い。着陸後、Pacific Jet Centerにスポットイン。Phenom JetとCheyenneの間に駐機した。

いつものように職場までは徒歩で向かった。1日仕事をし、夕暮れ前に空港に戻る。外に出てみると、かなり風が強い。サンタモニカ空港のATISを取ると、なんとSpecial weather obvervation, Broken 600ft。これはVOR-A minimum以下。降りれない。一瞬どうしようかと思ったが、とりあえずトーランス空港くらいまで行ってみようかと思った。そうこうしていると、サンタモニカ空港のSpecial weather observationは再度変更。700ft Scatteredになった。TAFでみても、サンタモニカがlow ceilingに覆われ続けることはなさそう。エンジン始動、タクシー、そしてRwy25Lat Dから離陸。LA Riverの上で旋回、すぐにfrequency changeとなる。Vincent Thomas Bridgeの手前2マイルでトーランス管制塔を呼ぶと、なんとcleared to landとなる。Rwy29Rへはno flapで着陸、気持ち良かった。

しばくらして、Y君とS君の日本人コンビ登場。ちょっとばかり歓談し、低い雲の待つサンタモニカへと向かう。トーランス空港はRwy11。タッチアンドゴーをするGlasairの合間を縫っ離陸。コンプトン空港横を越えて北上。22inch 2500rpm、IAS155kt弱。NextRadとMETARの情報を使い、VFRで飛べるルールを確認しながら飛行。ちょっと通常のVFR Flight Pathとは違った大回りを強いられた。サンタモニカ空港のATISを再度とる。場合によってはSocal Approachに連絡してIFR Apprach Clearanceをもらうか、サンタモニカ管制塔に連絡してSpecial VFR Clearanceをもらおうと考えていた。ところが、700ft Scattered、VMCのまま。これは急ぐしかない。Fwy10に沿って飛行、ちょっと追い風気味で、160ktくらいでアプローチを続ける。straight in Rwy21となり、ファイナルでFwy405手前までギアを出さずに高速飛行。かなり滑走距離が伸びたが、ATISが変わる前に降りることができた。

ちょうどこのフライトでログブック2冊目が終了した。全部のフライトを律儀にログしているわけではないが、一つの区切りがついた感じ。ログ時間が1400時間ほどになった計算。次回からは車も新しくなるが、ログブックもあたらしくなる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いい加減にしろよ、サンタモ... | トップ | フライトログ:幸運なActual IMC »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。