地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

熊本地震の変化

2016-11-12 05:29:02 | 日記
 11月5日にも書いたのですが、どうやら、熊本地震に少し変化が出てきているようです。というのは、熊本地震自体ではM3以下の地震の数が少なくなっているようなんです。また、震源の深さ20キロの地震がたまに起こるようにもなってきています。
 となると、11月5日に書いた2つのうちの1つ。小さい崩壊を起こす場所が少なくなって、徐々に大きめの崩壊が起き始めている、と考えたほうがよさそうです。そして、熊本で中規模の地震が起き、その影響で、周辺の福岡・大隅半島・薩摩半島などに地震が広がっていっているという様相を見せ始めています。

 そうなると、一昨日書いた、九州の環状ラインで、徐々に崩壊が進んでいくようになりそうです。このライン上で小規模の地震が頻発するようになったら、要注意。このライン上のどこかで、大きめの地震がまたズドンと来るかもしれません。また、熊本の地震の震源が深くなっていくと、再び、熊本で大きな地震が起きる可能性もあります。ですから、特に熊本地震では、地震の規模と震源の深さに注目しておきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ大統領と地震 | トップ | 与那国近海と神奈川県西部 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。