地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

地殻がさらに薄くなってきている!?

2017-07-17 03:36:14 | 日記
 最近の地震の震源の深さなのですが、ここにきて30キロ・40キロの深さの地震が増えています。以前も書きましたが、地殻の表面や底の部分が崩壊することはあっても、地殻の真ん中の深さのところだけ突然崩壊を起こすというのは、可能性として非常に低い。
 となると、30キロ、40キロというのが、地殻の底面と考えたほうがいいと思います。

 すると、10年前は60~70キロの厚さのあった地殻が、このブログを書き始めたころには40~50キロが主流。そして、今現在は30~40キロというのが頻繁に出てくるほど地殻が薄くなっていると考えたほうがいいでしょう。いわゆる熱浸食がかなり進行しているということだと思います。
 そして、薄くなればなるほど、圧力の耐性が低くなりますから、崩壊しやすいということになります。
 最近になって震度5を観測しているところが出始めていますが、これからも、このレベルの地震は、地殻が薄くなっているところで起きやすい、と思っていたほうがいいのではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮でも高温現象 | トップ | 沖縄より北海道が暑くなると »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。