地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

奄美大島近海でM5.6

2017-07-27 05:10:13 | 日記
 昨日、奄美大島近海でM5.6の地震がありました。震源の深さは10キロと浅い地震です。そして、この部分、フィリピン海プレートが下に入り込んできていると推測しています。
 ということは、一昨日書いた震源の浅い地震のメカニズムで行けば、3番のパターンに当てはまるだろう、と推測してます。

 そこから導き出される結論は「フィリピン海プレートが、沖縄近海で浮き上がってきている」ということ。
 ただ、この状況が「フィリピン海プレート自体が重心移動で浮き上がってきている」のか「太平洋プレートの押し上げの影響」なのかが、まだ、わかりません。

 もしも、フィリピン海プレートの重心移動であれば、これと反対側の南部~インドネシア近辺~で、今度はフィリピン海プレートの沈み込みが起こるはずですから、フィリピン海プレートの南部で地震が発生する可能性がありますし、太平洋プレートの影響なら、可能性として一番高いのはマリアナ海溝沿いになると思いますが、それ以外にも太平洋沿いの地域で何らかの動きがあると思います。
 ちょっと動向をみていきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 24日の秋田県沖 | トップ | 自転は赤道付近が早い »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。