地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

16日の地震と中期塊

2016-10-17 05:46:29 | 日記
 喫緊の内容が続いていますが、今回は16日の地震について。
 10月5日に書いた、日本の中期塊についてですが、その図の緑色の線、もう少し下の能登半島よりではないか、と思うような地震が、今回、起きました。
 13時54分の石川県能登地方のものです。そして、この辺で地震が起きた後、宮城県で地震が起きている、というような傾向に思います。ですから、ここが一つのつながりではないか、と考えています。そして、ここが動くと、10月5日の図の緑と紫の線で囲まれた中期塊の周辺で地震が起こりやすい、という傾向も出ています。釧路・十勝・青森あたりですね。

 また、2日前に書いた深度20キロメートルの地震も、ここにきて増えています。
 20時02分の静岡西部。
 14時38分・16時37分・16時58分の3つの宮城県沖などです。
 自分が思っていたより、早く、20キロの地震が起き始めていますね。ちょっと注意。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15日の熊本地震 | トップ | 北緯36度 東経137.5度 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。