地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

サハリン南部付近でM5.2

2017-04-24 03:40:35 | 日記
 20日の択捉島南東沖に続き、今度はサハリン南部でM5.2。
 実は、このサハリン付近も、以前は震源の深い地震が多く、場合によっては100キロ以上の深さだったのですが、今回は、震源の深さ10キロメートル。要するに地殻の表面の方に力がかかった、今までとは違うタイプの地震です。
 これも、自分の想定では、太平洋プレートの押し上げによる地震だと考えています。

 ということで、北海道周辺も、ちょっと警戒しておかなければなりませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 択捉島南東沖でM5.0 | トップ | チリでM6.2 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。