地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

圧力のかかり方

2017-05-06 05:09:36 | 日記
 今回は、高温現象を引き起こす圧力が、現在、どのようにかかっているか、というお話です。基本的には、中学校の理科で習った「地震の起きるメカニズム」の内容を思い浮かべてもらえるといいと思います。



 図のように、まず、ユーラシアプレート(いわゆる「大陸プレート」)の下に太平洋プレート(いわゆる「海洋プレート」)が入り込んでいきます。その際、摩擦などにより、ユーラシアプレートの下部が西方向に引っ張られます。その際、ユーラシアプレートはそのまま東方向に向かっているのに対し、太平洋プレートが西の方向に力をかけますから、ここで、東西方向からプレートがぎゅっと凝縮するように、力がかかっていきます。

 すると、基本的に、圧力がかかって押された場合、そこで熱が発生します。これが高温現象です。さらに、気温というのは、地表面の熱が大気を温めて気温が上がる、という熱の流れですから、気温が高いということは、
1 暖かい空気が入り込んできている
2 地表が熱をもって、空気を温めている
のいずれか。
 そして、周囲がそれほど気温が高いわけでもないのに、一部だけ、急に気温が高い、ということになると、そこだけに、暖かい空気が入り込んだ、と考えるのには無理がありますから、当然、そこの地表面の温度が高いということになります。

 さらに、今回の北海道の高温に関しては、北海道東部だけ、日光が強烈に当たってしまった、ということは、考えずらい。もしも、日光が地表を温めただけだったら、本州方面は、太陽の南中高度が高いわけですから、もっと、気温が高いところが現れてもおかしくない、という状況です。

 となると、考えられるのは「地下の熱によって、地表が温められた」というふうに考えるのがもっとも適切ではないか、ということになります。それが、図の2番目の状況なんです。

 そして、最終的には、この摩擦などに限界がきて、一気にずれ動いて地震になるわけですが、この高温現象というのは、まさに、地震が起こる一歩手前の「圧力がかかった状態で起こる現象」と思ってもらえるといいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月・4月の地震と北海道の高温 | トップ | 西日本と高温現象 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。