地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

メキシコの太平洋沿岸部でM7の地震

2017-06-15 04:41:56 | 日記
 昨日、メキシコの太平洋沿岸部、チアパス州で地震があったそうです。マグニチュードは7。
 なんか、太平洋プレートが変な動き方をしているのかもしれません。単純に重心移動によって、浮き沈みしているのではなく、大きく回転しているような動きになっているような気がしてきました。大きく時計回りに回っているのではないでしょうか。

 また、昨日の高知県の地震は、おそらく、太平洋プレートに押されたフィリピン海プレートが移動して起こったものではないかと思っています。そうすると、この高知県から見て北西方向で、震源の浅い地震が起きやすくなっているはずです。
 最近になって起きている橘湾とか、熊本・鳥取中部あたりが怪しいのではないかと思っています。ただ、それほど規模は大きくならないのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カムチャッカで地震と噴火 | トップ | グァテマラ・ニュージーラン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。