地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

択捉島南東沖でM5.0

2017-04-22 03:48:41 | 日記
 20日に択捉島南東沖で、M5.0の地震がありました。
 ただ、この地震で特徴的なのは、震源の深さ。今までは、このあたりでは震源の深い60キロ前後の地震が多かったんですが、今回は突然、震源の深さが10キロメートルだったんです。
 となると、太平洋プレートの重心移動の影響が、このあたりまで波及していると考えておいた方がよさそうですね。そして、このあたりまで影響が出ているとしたら、日本の地殻下部に入り込んでいる太平洋プレートの浮き上がりは、かなり進んでいるのではないかと思われます。

 少し規模の大きな地震が起きてもおかしくないような状況になっていると思っていたほうがいいのではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橘湾で、連続 | トップ | サハリン南部付近でM5.2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。