地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

宮古島北西沖でM5

2017-07-01 04:02:07 | 日記
 宮古島北西沖の地震ですが、震源の深さが90キロです。ということで、この辺から急激に地殻が厚くなってきている、と想定しているんですね。ですから、ここより西の日本海では地震はほとんど起きない。起きたとしても震源がものすごく深くなるんです。

 ということは、宮古島あたりでゆがみが生じた場合、本来、北西方面に力がかかるはずなんですが、そこは地盤がしっかりしているため、ゆがみの解消はできません。そのため、基本的には、南西・北東方面に、その歪みのはけ口が移動するということです。
 実際に、種子島近辺で起きた地震は、この宮古島の地震の影響と考えています。
 また、M5と比較的大きめの地震ですから、南西方向にも影響が出るかもしれません。台湾あたりでも地震が起きる可能性アリです。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太平洋プレートはあちこちで... | トップ | 震度5弱が2連発 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。