地震の構造と+α いろいろ考えてみよう!

自分が、日ごろ思ったことを記録しておくブログです。今は「地球の構造と地震の関係」という内容です。

橘湾で、連続

2017-04-20 04:46:12 | 日記
 茨城北部でM4.4の地震があり、首都圏に近いせいか、そちらの方が話題になりそうですが、実は、自分が懸念しているのは橘湾の方。
 というのは、今まで熊本地震の余震は、島原半島である程度止まっていて、そこから西にはあまり伸びていなかったから。さらに、震源の深さ20キロで地震が起きているということは、一気に地殻がはがれて、大きなひび割れになっている可能性が高いのではないか、ということです。

 もともと、中央構造線の西の端は、北寄りのラインだと、長崎半島のあたりまで伸びていることにはなっているのですが・・・。

 ということで、この中央構造線の西側も要注意。ひょっとすると、五島列島近辺までつながっていくかも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペルー内陸部でM6.0 | トップ | 択捉島南東沖でM5.0 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。