☆新・史上最強の法則-海外支局☆

☆THE UNRIVALED PRINCIPAL IN THE HISTORY☆

マーメイドSの法則

2017-06-10 20:00:00 | 牝馬の法則
マーメイドSへようこそ。

■血統傾向■*ハンデ戦になった06年以降の過去11年

主力を形成しているのは、SS系、グレイソブリン系、リファール系。SS系ではディープインパクト【3-1-0】、マンハッタンカフェ【1-2-1】、ステイゴールド【2-0-3】、アグネスタキオン【0-2-1】、ゼンノロブロイ【1-1-0】の5頭が複数回馬券になっている。

■人気■

1番人気【2-1-1-7】、2番人気【2-0-2-7】、3番人気【1-1-0-9】と、上位人気は軒並みアテにならず、10番人気以下が【1-4-4-47】と9頭馬券になっており、ここは穴狙いに徹した方が得策。

■斤量■

52以下:2-6-3-53/64  3% 13% 17%
53kg:7-2-4-23/36 19% 25% 36%
54以上:2-3-4-46/55  4%  9% 16%

53kgが優秀だが、残念ながら今年は該当馬がいない。トップハンデは【1-1-2-8/12】の馬券率33%なので無理に嫌う必要はない。

■前走■

重賞:2-3-6-56/67  3%  8% 16%
OP:3-2-1-15/21 14% 24% 29%
条件:6-6-4-41/67  9% 18% 24%

前走重賞組は不振なので軽視。着度数なら前走条件戦組だが、率なら前走OP組。

■出目・枠番・馬番■
<出目>


<枠番>

1枠~4枠: 7- 7- 8- 88/110 6% 13% 20%
5枠~8枠:13-13-12-112/150 9% 17% 25%

<馬番>

一桁馬番:14-14-13-139/180 8% 16% 23%
二桁馬番: 6- 6- 7- 61/ 80 8% 15% 24%

少頭数で行なわれることが多く枠の優劣を気にする必要はない。

■コース傾向■

SS系が【2-2-3】で、ステイゴールドが2勝をあげている。また、ステイの後継種牡馬であるドリームジャーニーも2着1回がある。あとは【1-1-0】のキングマンボ系。全体的にはステイゴールドをはじめ、マンハッタンカフェ、スズカマンボ、グラスワンダーなど長距離血統が活躍している。ちなみにスズカマンボの母父はキングマンボ系エルコンドルパサーだ。

■逃げ馬を探せ!■
毎年書いていることだが、このマーメイドSでは逃げ馬がよく馬券になっている。

別定戦時代(96年~05年):2-2-0-6/10
00年トゥザヴィクトリー2着(1番人気)
01年ヤマカツスズラン2着(1番人気)
02年ヤマカツスズラン1着(3番人気)
05年ダイワルシエーロ1着(2番人気)

ハンデ戦時代(06年~16年):1-3-0-7/11
08年ピースオブラヴ2着(10番人気)
09年コスモプラチナ1着(9番人気)
10年セラフィックロンプ2着(14番人気)
13年アグネスワルツ2着(10番人気)

別定戦時代は人気所が馬券になっていたが、ハンデ戦になってからは人気薄が波乱を演出している。ここ3年は馬券にはなっていないが、そろそろ来てもいい頃だ。

◎プリメラアスール・・・スペシャルウィーク×アジュディケーティング
父はSS系の長距離砲なので、コース傾向には合致している。鞍上の酒井は当レースで3着2回と勝ちは無いが相性は好い。
相手は穴から入っているので、馬連、ワイド総流し。
何が何でもハナを叩いてくれないかなあ、学君?

みなさん、よいマーメイドSを!!









『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目黒記念の法則 | トップ | 函館スプリントSの法則 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

牝馬の法則」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。