☆新・史上最強の法則-海外支局☆

☆THE UNRIVALED PRINCIPAL IN THE HISTORY☆

NHKマイルCの法則

2017-05-03 21:29:37 | ダービー馬を探せ!2017
■血統傾向■

注目すべきは、ダイワメジャー【2-0-1】とヴァイスリージェント系【2-1-2】。この2系統以外で複数回馬券になっているのはダンチヒ系【1-1-0】とストームバード系【0-2-0】。
父も母父も血統傾向に合致しているのがスズカメジャー(ダイワメジャー×クロフネ)なのだが、除外対象なのが残念。

■コース傾向■

開幕2週分の計5鞍のストック。複数回馬券になっている血統は以下のとおり。
ディープインパクト:1-1-0
BT系:1-1-0
キングマンボ系:1-0-1
ボールドルーラー系:0-1-1
ダンチヒ系:3-0-1
ヴァイスリージェント系:0-2-0

レースの血統傾向でも出てきたダンチヒ系が父で【2-0-1】、母父で1勝と活躍している。このダンチヒ系というのは、もともと東京の芝マイル重賞を得意としている。また、ダンチヒ系と同じく東京の芝マイル重賞を得意としていたのがフジキセキ産駒。同産駒は、もう出走しないが、先週は母父フジキセキが2着、同産駒のダノンシャンティが3着と馬券になっている。

■人気■

創設された96年以降の過去21年で、1番人気は【10-1-2-8】で、勝率47%、連対率52%、複勝率62%なら、鉄板とはいかないが信頼するに値する。但し、頭あってヒモなしタイプなので、買うなら1着固定の決め打ちか。一方、過去10年で10番人気以下が【3-1-7】と10頭も馬券になっているのも見逃せない。

■前走■

かつては、毎日杯組、NZT杯組が優勢だったが、近年は何でもありの状態。押さえておきたいのは、3年連続で馬券になっている皐月賞組で、その着順は15着、8着、5着と着順不問。

<参考~前走別成績>*02年以降


■出目・枠番・馬番■*過去21年
<出目>


<枠番>

1枠~4枠:10-12-10-136/168 6% 13% 19%  
5枠~8枠:11-09-11-178/209 5% 10% 15%
内枠、外枠の優劣はないと言ってよい。

<馬番>

一桁馬番:12-13-11-153/189 6% 13% 19% 
二桁馬番:09-08-10-161/188 5%  9% 14%
馬番で見ても、内、外の優劣は見られない。

主役不在の大混戦の今年のNHKマイルC。馬券の決め手がないのなら、徹底的に血統傾向に拘ってみるのも面白い。
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜花賞の法則 | トップ | オークスの法則 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダービー馬を探せ!2017」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。