カロカンノート

へぼチェス日記

カテゴリー 「カロカチェス研究会」を「福岡チェスクラブ」に変更

2016年10月18日 | 日誌
福岡チェスクラブ10月16日(日)例会においてクラブリーダーが福澤勉さんから私に変更になりました。
日本チェス協会の規程には、リーダー交代に関する規程は記載はありませんので、どういう手続きをふんだらよいのかわかりませんが、
福沢さんが、8月7日の自身のブログ更新してから、まったくチェスクラブのメンバーと音信不通でチェスクラブ運営がとまっています。
チェスクラブの例会の会場予約がまったく行われておらず、日本チェス協会へも連絡を取っているか全くわからず、困ったものです。
特に7月22日にお亡くなりになった実質的にクラブ運営をされていた前代表山口さんとの引継ぎをされていないのは困りものです。

私自身としては、日本チェス協会とは関係なく個人でチェス研究会を立ち上げてチェス普及のために活動予定でしたが、どう考えても「チェス研究会」と「チェスクラブ」の二つを運営するのは無理無駄があり、「チェス研究会」の立ち上げは見送り「福岡チェスクラブ」運営に専念することにしました。
ということでカテゴリーの「カロカチェス研究会」も「福岡チェスクラブ」に変更します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブックマークに函館チェスサ... | トップ | チェス普及の難しさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL