カロカンノート

へぼチェス日記

チェス普及の難しさ

2016年10月18日 | 日誌
毎年9月に行われる長崎居留地まつり参加者数

チェス 2008年 22名 2016年 12名

ブリッジ 2008年 28名 2016年 106名

チェスとブリッジは、対局相手が2名と4名なので、対戦はチェスの方が容易であるが。

ブリッジは麻雀と同じで、能力面だけではなく、配布されたカードの良しあしで勝負がつくこともあるので、

ストレスが溜まりにくい。

スポーツでいえば、テニスとゴルフであろうか、テニスはまともにラリーが出来るまでそれ相当の努力が必要だし

技量差が歴然とあるので、同レベル相手は対戦を組むこと自体難しい。

ゴルフならば、技量差が歴然とあっても、ハンデを与えることによって、ゲームを楽しむ事ができる。

その差から、テニスとゴルフのプレイヤー人口の差となる。

高齢者にとって、運の要素がほぼ入らないチェスは、娯楽の対象にはなりにくい。

小学生、中学生には、ブリッジや麻雀よりは、チェス、将棋、囲碁の方が親の理解が得られると思う。


だから、小学生相手にチェス教室をはじめる事とする(´◉◞౪◟◉)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カテゴリー 「カロカチェス研... | トップ | 福岡チェスクラブ 代表変更 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL