☆it's carmen's way☆

広島市、英日通訳、大人の絵本サロン、キッズ英会話、えいごとにほんごのおはなしかい、365kimono(着物スタイリスト)

うちに来られたお子さんが、英文覚えるのが早い、その理由

2017-02-22 03:48:08 | えいごとにほんごのおはなしかい
昨日、先週「えいごとにほんごのおはなしかい」に5歳と3歳のやんちゃ盛りボーイズを連れて来られたママとランチ。

初めてだったうちの子たちが、あんなに集中するなんて!もっと通いたくなりました!と、嬉しいラブコール。

特に素直なお子さんがただったこともありますが、わたしの特技は、お子さんが、英語という、生活で使わない言語を、なぜだか、わたしにつられて口に出したくなる、けど、なんだかわかんないし、いいんだろうか、いや、きもちはつられた(これはほぼお子さんがたには意識ない範疇)、その入り口の瞬間を、30人ぐらいまでなら、氣がつき、瞬時、アイコンタクトなどで、「そう、それ、やっていいのよ」の、メッセージを当人に間違いなく、タイミング逃さす、伝えきる能力だと、自己解析つきました!

折角素直に受け取り、勇氣だした瞬間を、放っておかれたままだと、勇氣の出し損のように、恥ずかしく、取り残される。もう、いい。いやだ、になる。それを発生させない。

だから、子どもたちは、安心して、わたしの口を凝視しながら、どんどん英語を抵抗なくクチにする。

これを、日本語を挟む間にやってるので、お子さんがたの、母語習得度と比較しながら、その一人ひとりのおこさんが、自分の平氣な日本語の状態と、比較判断できるわたしが、初期の勇氣にきづいてあげられること。


だから、英語ネイティブ外国人先生より、わたしのほうが、早く、母語でない英語も、クチにさせてあげる助けができる。

そこが、わたしが、お子さん相手する強みです(^-^)/
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学生お嬢さんの訪問着&二重... | TOP | You know what?(again? yes! ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | えいごとにほんごのおはなしかい