☆it's carmen's way☆

広島市、英日通訳、大人の絵本サロン、キッズ英会話、えいごとにほんごのおはなしかい、365kimono(着物スタイリスト)

不要着物を譲る条件は?

2016-10-16 19:01:44 | キモノ・spirit
ひさしぶりの「着物ライフ」の、解せないネタ。

まさか、もうこの年と、着物キャリアでありえないと思っていたことがあった。
わたしの着物姿を何度かみてる70代の女性。

あなたにだったら絶対着こなせると思うちょっと難しい個性的な小紋があるのよ。
とまで言われた。
すっごくお似合いの袋帯も用意しておいたわよ。

どちらもとても着ない色、好きでない柄だったが、もしも、まだわたしの知らない世界があるなら、と
好奇心&向学心で、受け取ってみた。

羽織る前から、娘が大ブーイング。
絶対お母さんには似合わない、やめて!
と叫んでる!!
彼女は10年以上、わたしの着物ライフをみていて、一番手堅いコーデをすすめる、目利きだ。

わたしもそう思うが、あそこまで言われていただいた手前、
くださった方がどう思うか聞いてみよう、着て伺ったら、

「まあ、すごく似合ってるわ!!」
娘には似合わないって叫ばれて、どうしようか、悩んできました。
「あんたの娘なんかになにがわかるか」
娘に会ったことはないお方による断定。

サイズがわたしにはちっちゃいですね。
「いいのよ、そのくらい手首なんてみえても。問題ない、ない。」
10cmほど、手首が見えてる。ちんちくりん。
脇の線もあってない。わたしより細身の、いったら、150cmぐらいのひと向けの仕立ての着物であるのに。

「でも、あなた、これ着て、立ったり座ったり動いちゃだめよ。」
へ?お茶席にいくならいいですか?
「だめだめ!!」
じゃあ、一体いつどこで着るんですか?
「着たら、じっとして、何もしないのよ。着物きるって、そういうことよ。」

もう、これは明らかに、小さくておかしいと、きづいてるはずのコメントだ。

ブログで、わたしが着物で乳幼児の母時代も一緒にみてる、
着物でいつも行動してると、知っているのに、だ。



しみやよごれが、わりとあるが、
「ああ、いい、いい、(汚れが)目立たない。あんたよく似合うわ。これ着るといいわ。」

どこまで本氣だろうか。
これが着物自慢のひとの審美眼なんだろうか??


わたしの無言だが、きっと怪訝な顔に、やっと、
「うーん、まあ、もうちょっと、小柄なひと向きかな。
でも、帯はしみ目立たないから使えばいいわ。ああ、よかった。よかった。
帯くれたひとに、使うひと見つかったって、言っておくわ。」

強引な彼女が、着物は似合わないと認めてくれたので、
もう黙って帰ってきた。

これもし、初心者や、お姑さんからだったら、
黙って従うしかないよね。


洋服じゃ、こんな暴力ないよね?
しみ、よごれ、つきの、サイズも小さい服を、
趣味もあわない色柄を、
似合ってる、着なさいって、堂々と渡すの。
しかも、「着物(この類の衣類)についちゃ、わるいけど、あんたより、知ってる」というスタンスで。

汚れは自分がきにいったリサイクル着物ではじめて許せるし、
しみぬきだのお金払ってでもメンテしようとおもうが、
趣味でない、必要のないもので、さらにしみ、汚れ、があるものを、押し付けるのは、やはり、おかしいと思う。

わたしが、成人式に振袖着せてないから、と、全然関係のないときに、無理やり叔母のわたしには小さい訪問着着させられ、ほら、やっぱりあんたは着物が似合わないからだサイズね、といわれながら写真館で写真撮られた時を思いだした。

多分、こういういい加減な着物のすすめかたする年長者は日本中にごまんといるし、
ほんまに着物嫌いを簡単に増やす方法だわ。

許せて舞台衣装ぐらいじゃなかろうか。
舞台照明には映えて、客席からはみえない、みたいな。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1002 蒸し暑い10月に | TOP | 着物の寿命 ~ 大好きなもの... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics