今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

今日の新報道2001は司会者の思惑どおりに進まなかった? あるいは少しは軌道修正? ただ、フィクサーぶりはよく映える!

2017年07月16日 08時26分32秒 | 世間話

今日の新報道2001は

司会者の思惑どおりに進まなかった?

あるいは少しは軌道修正?

ただ、フィクサーぶりはよく映える!

 

こんにちはです。

今日の新報道2001を見て。

また、ブツブツと言葉を並べます。

 

「うーん」何と言いますか。

政治を動かすフィクサーって感じですね。

また、いろいろと司会が手を変え、品変え表現

していました。

 

それにしてもですね。

よくもまあ、自民党の「反乱分子(に映る方)」

を毎週続けて出演させますね。

自民党の権力闘争を煽る?

それもあるのでしょうか。

※ 「反乱分子(に映る方)」

以降は「反乱分子」。

 

過去二週は石破茂氏、その次は中谷元氏でしたね。

今週は石破派の鴨下一郎氏。

何かガツガツして見える村上誠一郎氏の二人。

このお二人、ともに褒め合っているように見えま

したが、どちらも「俺だって出世したいんだ!」

ってな感じ。

とはいえ、上を目指すことは。

決して悪いことではありませんけどね。

 

また、そこでテレビ局もよく見ているのでしょう。

番組盛り上げの使える駒として。

(政治家を踊らすテレビ局という感じ)

 

でも、ある意味。

誰が安倍政権に対しての自民党の内憂か?

距離の開いた非協調、非協力者か。

国民に分かりやすくなります。

ですので、こういう形での出演もですね。

否定的なものばかりでもなさそうです。

 

それに、テレビ局があぶり出してくれれば。

手間が省けるというか。

惑わされずに済みます。

 

ある意味、この人物がそれに該当するか!

「よくわかった!」と。

来週以降もどんどん、反安倍標榜と思われる!

自民党員を出して欲しいものです。

 

続いて、話をですね。

不満を持つ自民党員に向けると。

まず、こうした反乱分子に関して。

自民党の中でワイワイやる!

それならば構わないと思うのです。

 

三人いれば派閥ができる!

と言われるほどの人間社会ですから。

異論が生じることはおかしくないでしょう。

 

ですが、党の外に出て、公共の電波を扱う場所の

報道番組で・・ですよ。

尻馬に乗った形でペラペラと話をする姿勢は。

いかがなものか・・と、思うわけ。

 

持論があるなら、党内で会議の開催を求めて。

好きなだけ、安倍首相と執行部の責任を追及すれ

ばよいと思うのです。

テレビの報道番組に出て、一見「公」のフンイキ

を醸していますが「あれは告げ口」と変わらん

しょう。

 

しかも、大臣の声、入閣の声を挙げてもらうと。

嬉しそうな顔をして・・ね。

「何、これ」という感じ。

ということで、ひととおり今日出てきた自民党の

反乱分子に感じたものをぶつけた後はこちら。

 

何か、違うものがある。

学びたいかな・・。

何となくにしても。

師匠としてお願いしたい感性を覚える出演者。

 

最初は、田崎史郎氏、いいですね。

決して、この方、安倍首相がすべからくですね。

よし!とはしないでしょうけど。

見る目は水準がしっかり取れているのでしょう。

偏っていないですね。

少なくとも僕にはそのように映ります。

 

時事通信社特別解説委員とありますけど。

こういう方がいると、時事通信の記事に関しても

見方が変わるでしょう。

とはいえ、記事に関して額面どおり受け入れられ

るかは別ですけど。

 

続いて、中田宏氏。

年齢は比較的若い方ですね。

でも、非常に多くの事柄を頭に入れてですね。

熟慮の上の言葉を発信する印象。

しかも、話す内容が的を射ている!

いずれ、この方。

国政に出てくるかもしれませんね。

期待したいものです。

 

そして、平井文夫氏。

フジテレビ報道局上席解説委員の方。

今日はしっかりしたコメントを発してくれました。

同氏はいつもそうですが、非常に現状をよく見て

平たい言葉で表現してくれますからね。

わかりやすいです。

 

しかも今日は片山善博氏に明確に言い切りました。

片山氏の安倍政権立ち直り施策と言いたげな内容

をですね。

「安倍政権、静かに黙っとれ」施策ではないか?

との趣旨で突っ込んでいました。

 

さらには、片山氏の望む姿であれば、安倍首相の

存在意義が失われるようなことまで、踏み込んで

いたように聞こえました・・けど。

 

とにかく、今まで片山善博氏は前川喜平氏を持ち

上げていましたから。

安倍首相と同政権に悪意とまではいかずとも。

快く思っていないことはよくわかります。

ですが、平井文夫氏、それに与しない姿を見せて

くれた!

こんな受け止め方ですね。

 

という感じで、今日も朝はこの番組で頭が回転し

始めています。

 

でもですね。

なんで、取り扱わないのでしょう。

前愛媛県知事の加戸守行氏の発言です。

『加計学園』の見方は・・。

ずいぶんと変わるはずなのに・・と思いますよ。

 

まあ、こういうところがテレビが裏でですね。

政治を操るフィクサーのように映る所以かもしれ

ませんけど。

 

今回もとりとめもなく。

 

【風来坊 思いは千差万別でしょうけどね。】

 

蓮舫「二重国籍」のデタラメ
八幡和郎
飛鳥新社
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国が「九州取りに来たある... | トップ | 18日、民進党は蓮舫代表の闇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世間話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL