今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

本日再び、安倍内閣支持率で思う! 産経新聞とFNNの世論調査を見て! 朝日、毎日の対局に見える姿だけど、その他にも・・!

2017年06月19日 14時46分09秒 | 世間話

本日再び、安倍内閣支持率で思う!

産経新聞とFNNの世論調査を見て!

朝日、毎日の対局に見える姿だけど

その他にも・・!

 

 

こんにちはです。

今日は内閣支持率に関して、しつこいですが。

再び触れてみます。

 

産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)に

よる世論調査を目に入れたので。

今度はこちらから・・うんたらかんたら・・と。。

調査日は他同様、17日と18日ですね。

 

まず、気になる安倍内閣の支持率は。

47.6%  8.5%減

(前回56.1% 5月13日、14日調査)

 

不支持

42.9%  8.2%増

(前回34.7%)

 

まず、今まで見た調査結果の中ではですね。

一番内閣が安定して見える数値です。

参考までにその他の結果を並べるとこのとおり。

 

         支持率    不支持率

〇 朝日新聞   41%     37%

〇 毎日新聞   36%     44%

〇 共同通信   44.9%    43.1%

〇 NHK     48%     36%

※ NHK調査は6月9日から12日までの間。

中でも「毎日」の数値は飛びぬけて悪しく表れて

います。

 

続いて、他の調査を行ったところも含めて。

大きな傾向は前回調査より下落へ

これは否めないでしょう。

 

ですから『森友学園』『加計学園』を材料にした

民進党をはじめ野党 4党による安倍内閣攻撃は。

効果があった!

そして『テロ等準備罪』新設を伴う!

「改正組織犯罪処罰法」成立への攻めも。

同様でしょう。

 

また、既存の報道メディアによる安倍内閣を「悪」

この印象操作を目的とした情報提供も大きく影響

を与えたと思います。

TBSとテレビ朝日はその最たるものかと。

おそらく両局はこの点で、自負心を持っているの

ではないでしょうか。

そのぐらいに見えるのです。

 

それを裏付けるように、この部分に関しては。

産経新聞・FNNの調査結果で既存の報道メディア

の影響と思われる数値が上がっています。

 

『加計学園』関連の政府説明を「十分と思わない」

これが 84.8%

加えて、文部科学省の再調査。

この調査を通じ文書確認までの一連の政府対応を

「評価しない」

これが78.2%とも。

 

さらに改正組織犯罪処罰法成立に関して。

参院本会議で「中間報告」手法で成立に至った!

これに対する妥当評価26.4%

否とするもの64.8% とあるのです。

これはくどいですが産経新聞の調査結果での数値

です。

 

基本的に産経新聞のように内閣に対して。

まず、世論調査の意図的操作を行うこと。

それはありえない!と見るところでも。

この数値が登場するわけです。

ここはとても重要なところでしょう。

 

これはですね。

既存の報道メディアを情報ソースとする社会!

それが大きいことを指すのではないでしょうか。

このあたりは何か歯がゆいですね。

 

そこで一つの仮説というか、仮定として考えます。

もし、ここで多くの有権者、調査対象者が。

既存の報道メディアから流れる情報のみの環境で

過ごす人が大半であると見なした場合です。

 

今後、ネットを通じて。

国会中継を目に入れる機会。

それ以外にも国会、野党の動きを知る機会。

これらが生じるならば。

 

民進党、共産党、社民党、自由党の蛮行とも言え

る姿を、もっとダイレクトな形で受け止めること

ができ、先ほどの数値は変わると思うのです。

 

ですから、若い、特に10代の人たちはご両親。

さらには祖父、祖母にあたる人にいろいろ教えて

あげて欲しいですね。

テレビ他の既存報道メディア以外で、情報を発信

するネットなどへの触れ方をです。

 

それが結果的には今の若い人たちが。

これから進む道に明かりを灯すことになると思う

のですけど。

 

今回もとりとめもなく。

 

【風来坊 頭の中でいろいろと回ります!】

韓国人に生まれなくてよかった
武藤 正敏
悟空出版
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内閣支持率急落報道から! ... | トップ | 文在寅大統領の代弁? 韓国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL