今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

18日、民進党は蓮舫代表の闇・怪しさを暴けるか? 違法性の有無を問え! 「国籍の選択年月日」がいつか・・これが解明のすべてか?

2017年07月17日 07時20分38秒 | 世間話

18日、民進党は

蓮舫代表の闇・怪しさを暴けるか?

違法性の有無を問え!

「国籍の選択年月日」がいつか

・・これが解明のすべてか?

 

こんにちはです。

今回は蓮舫代表の二重国籍疑惑解明に関して。

18日、いよいよ民進党の同代表は何らかの形で

この件に触れると。

昨週から言葉にしています。

 

ですが、あろうことか、同時に逆差別的な発言

しています。

それは何か。

この二重国籍疑惑を問う多くの国民を差別主義者

排外主義者と罵っている様子。

しかし、同代表は何か。

勘違いしておられるようです。

 

誰もですね。

蓮舫代表のご先祖様が中国人であるか。

どうかなど、気にしていないと思いますよ。

また、かつて中国(中華民国)人であったこと。

これを差別したいとも思っていないでしょう。

 

大事なところはですね。

蓮舫代表が日本の国籍法に基づいて。

真に日本国籍の選択宣言をして。

「国会議員に立候補したのですか?」

ということ。

 

そして、その時。

日本人であったと言い張るのであれば。

蓮舫代表はその証(あかし)として国籍選択の

日を明かして!・・ということ。

 

その日付によって、日本の国会議員になる前か。

それ以後か。

それによって、意味(違法性)が変わるので。

示してください!

ということでしょう。

つまり、国籍法もそうですが、公職選挙法にも違反

しているかどうか!と思うのです。

 

第10条 被選挙権

衆議院議員:日本国民で満25歳以上

参議院議員:日本国民で満30歳以上

 

ただし。

「日本国籍を選択し外国籍を放棄する宣言」をして

仮に二重国籍状態であったとしても。

その立候補であれば、問題ないというか。

違法性は問えないでしょう。

なぜなら、国籍を抜けない国もありますから。

 

とはいえ、こちらは問題でしょう。

外国籍を放棄する宣言をしなかった!

(日本国民になる意思がなかったわけですから。)

 

そして、それにもかかわらず「帰化」の言葉など

を使用すればですね。

公選法第235条の「虚偽事項の公表罪」に該当!

(公職選挙法に関し二重国籍状態と承知の立候補

であれば、確信犯でしょう。)

 

ですから、「国籍の選択年月日」は議員当選後。

民主党政権時の閣僚就任時。

と、これらの時の疑惑を晴らすためには不可欠と

思われるので示して欲しい!・・と。

 

そして、そのために戸籍謄本の開示しかない!

そのように多くの人がその書類提示を求めること

は自然な流れでしょう。

 

公人ですからね。

 

ゆえに、差別だとか、排外主義者云々とか。

わけのわからない理屈を並べずにですね。

真摯に国民に向き合うべきです。

 

また、この件に関しては自民党の小野田紀美氏が

自身のツイッターで言葉にされていました。

まさに正論でしょう。

 

産経新聞でも取り上げられていました。

二重国籍解消の

自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判

「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」

「合法か違法かの話です」

(産経ニュース 7月16日)

 

関心のある方はこちらを見るとダイジェスト的に

表わされていますので、18日の同代表の発言を見

極めるために非常によい資料かと思います。

 

さて、18日は同時に民進党にとってもです。

蓮舫代表の怪しさ・闇というか。

いわゆる二重国籍疑惑に関してですね。

自浄作用を持てる政党なのか。

その本気度を試すものにもなるでしょう。

 

やたらと「国民」の言葉を振り回す強圧的な政党

ではありますが、本当に国民に向き合った政党な

のか。

この蓮舫代表の疑惑への取り組みで推し量ること

ができるでしょう。

 

ですから、国民は皆、視線を向けてですね。

蓮舫代表が真実を語るか。

それとも「多様性」のマジックワードを使用して

国民をたぶらかすか。

見極める・・必要がある・・と。

 

それにしても、小野田紀美氏には清廉性を。

強く感じます。

僕は自民党支持者ではありませんが、こういう方

がいることはですよ。

 

最近よくテレビに出て安倍政権に後ろから。

矢を射かける老獪な同党政治家に辟易とする中。

一服の清涼剤のようですね。

 

今回もとりとめもなく。

 

【風来坊 「風のフジ丸」は好きだった!】

 

蓮舫「二重国籍」のデタラメ
八幡和郎
飛鳥新社
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の新報道2001は司会者の... | トップ | 韓国の文在寅政権、北朝鮮に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL