今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

民進党・・蓮舫氏の後継争いはじまる? 前原誠司氏? 枝野幸男氏? 誰が代表でもホコリで「ゴホゴホ」じゃん!

2017年07月31日 10時54分00秒 | 世間話

民進党・・

蓮舫氏の後継争いはじまる?

前原誠司氏?  枝野幸男氏?

誰が代表でもホコリで

「ゴホゴホ」じゃん!  

 

こんにちはです。

今回は民進党です。

別に好きでも何でもありませんが。

この政党と所属のおかしな議員が政治の世界に。

存在する限りですね。

 

日本はおかしくなると固く信じて疑わないので。

取り上げてみたいと思います。

 

こんなこと書くと、またunknownでコメントが

付くかもしれませんが。(笑)

 

で、何かと言えば、報道で流れるものでは。

今度の民進党代表選出にはこちらの方々が挙げら

れているようです。

枝野幸男氏と前原誠司氏。

最終戦は 9月になるようなので、これからは双方

得意の批判・中傷合戦を繰り返して。

貶め大作戦でお山の大将の座を狙うのでしょう。

 

しかし、このお二方、どちらもすねにキズを持つ

方ですよね。

まずは枝野幸男氏。

この方、ずいぶん前になりますけど。

1996年の衆議院選挙時、JR総連などの革マル派

と関わりがあるとして献金まで頂戴していた!

なんて話題がありましたね。

 

これが2010年『新潮45』に表れませんでしたか?

これですよ。

『新潮45 2010年 08月号』

枝野幹事長が交わした魔の契約(山村杳樹氏)

 

結構、騒がれていました。

だから、覚えているのですが。

要は極左系暴力組織との絡み云々話があるという

こと。

(産経 2014年10月31日)

(「野党もミス続出 政治資金報告書

衆院予算委 枝野氏攻め姿勢崩さず 」)

 

間違いであるなら、しっかり否定する会見を開き

一切関わりないと言って欲しいですね。

でも、とにかく、疑いがあるという話ありです。

 

続く、前原誠司氏。

こちらも堀江貴文氏を巻き込んだ偽メール事件で

辞任していますからね。

(堀江貴文氏、メッチャ迷惑で気の毒です。)

 

大元はこの人物ですけど。

当時の民主党・永田寿康氏。

こちらが証拠とした電子メールが捏造と露見!

結果、民主党は国会を大混乱に陥れるとともに。

前原誠司氏自身は結局、民主党・代表の辞任へ。

結構、この辞任に至るまで、抵抗したようです。

多くの方々は「ああ、あれね」ということになる

でしょう。

 

とにかく、国政論議の場をメチャクチャにした!

そのように言っても過言ではないでしょう。

そして、同氏は当時の民主党の代表であったわけ

です。

 

総じて、このようなお二人が代表選に立って。

仮にどちらかが代表になってもですね。

先は細るしかないと思いますけどね。

だいたい、民進党の皆さんもわかっていると思う

のですよ。

「もう、どうもならん」とね。

 

でも、解党できない!

「だって、お金欲しいもん」なんでしょう。

民進党でも政党助成金は出るわけです。

(税金からです。)

「離れたくても離れられなーい!」でしょうね。

 

という感じで、いろいろと思うわけですが。

ともあれ、日本の国政に迷惑をかけないように

してください!

まずはそれだけ。

 

今回もとりとめもなく。

 

【風来坊 叩けばどんどんホコリが出ます。】

 

日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理: 中国から帰化して驚いた フォロワー18万人のツイッターで大反響のリベラル批判
石 平
徳間書店
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何か口が軽く見える韓国! ... | トップ | 日本の消極姿勢! 日中中間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL