今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

豊田真由子議員、モンスターぶりが周知に知れ渡る! ぶちまける週刊新潮、都議選で自民党議員を葬る好機と見た?

2017年06月22日 14時32分00秒 | 世間話

豊田真由子議員

モンスターぶりが周知に知れ渡る!

ぶちまける週刊新潮

都議選で自民党議員を葬る

好機と見た?

(それなら、ちと、えげつない!)

 

こんにちはです。

今回は国会議員の女性に関して思うこと。

前から、変な人だな!

とは思っていましたけどね。

とうとう、でっかくクローズアップされましたね。

豊田真由子議員のこと。

 

※ 22日16時過ぎの報道で離党へ。(追加)

 

週刊新潮の攻撃です。

何もこの時期にとも思いますが、モンスターぶり

それは以前から言われていたようですから。

しかし、自民党もエライ迷惑でしょう。

週刊誌が都議選で自民党議員を地獄に引きずり落

とす?

とんでもない伏兵です。

 

それにしても、豊田真由子議員、やらかした?

・・ようです。

元政策秘書の男性に、暴言のみならず。

暴行をはたらいた・・と。

乱暴な言葉が出ていますね。

この、ハゲ」とか、ののしって。

左のこめかみあたりを殴ったとも。

確かに、これでは。

この女、凶暴につき』と言われても仕方がない

かもしれません。

 

顔見て、判断するのはご法度かもしれませんが。

いくつかの画像を見る限り。

優しそうな印象はないですね。

別に個人攻撃するわけではないけど。

一応政治家だからね。

見ていてふさわしくないと思えば、言葉にさせて

もらうのが公正な所作と思います。

ですので続けます。

 

今まで、蓮舫議員の二重国籍疑惑辻元清美議員

の三つの疑惑やら、ガソリーヌの山尾志桜里議員

やらと触れてきましたからね。

自民党だからよし!

とするわけにいかないでしょう。

 

それに豊田真由子議員、一つだけよく覚えている

ことがあるというか、許せないな!

と思ったことがありますね。

それが、これ、当時の報道にあったもの。

平成26年の天皇・皇后両陛下主催の春の園遊会

際、招待者ではない母親を無理やり入場させて。

ひと悶着起こした!

と伝わっていましたね。

 

天皇陛下の前での粗相です。

無礼な限り。

 

とにかく、豊田真由子議員。

とうとう、ビッグにワルの代名詞へ!

同時に今や時の人となりつつある様子。

しかも、都議会議員選挙の前日に週刊新潮もぶち

上げるのですから。

なかなか意図的なものがシッカリ見えて、自民党

のイライラも募るばかりでしょう。

 

こういう人、後ろから味方を撃つ人でしょうね。

この醜聞で都議会議員の立候補者が何人倒れるか?

バタバタ と・・ね。

 

自民党の執行部は危惧しますよ。

でもね、何でこういう人が国会議員になったの?

リストに載せたらアカンよね。

そう、まずは立候補させてはイカンということ。

・・ですね。

 

有村治子議員のような方ならですね。

見ていて聡明、言葉も丁寧、気持ちも優しそう!

なのでウエルカムですけど。

 

自民党も埼玉の場合はもっとよい人。

名簿に載せて!・・ね。

 

今回もとりとめもなく。

 

【風来坊 埼玉のモンスターがやり玉に・・。】

多動力 (NewsPicks Book)
堀江 貴文
幻冬舎
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『森友学園』の籠池泰典前理... | トップ | モンスターは豊田真由子議員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世間話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL